05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

おそ松さん 第09話 「チビ太とおでん/恋する十四松」

2017年06月13日
osomatsusan_09-01.jpgosomatsusan_09-02.jpg
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

十四松が女の子に恋をする♪
osomatsusan_09-03.jpgosomatsusan_09-04.jpg

冒頭ではおそ松と一松が鶴の恩返しのコントをするシーンがありました。
内容的には何の意味もないコントなので軽く流し見するだけでいいでしょう(笑)
さすがに第9話まで見ていると、この作品の見方というものがある程度は
分かってきたような気がします(^ω^)
とにかく無職青年達は相変わらずこんなコントをやっている程暇らしいw

osomatsusan_09-05.jpgosomatsusan_09-06.jpg

「仕事のことはノープランだ!」
Aパートはカラ松がチビ太のおでんの屋台に立ち寄るお話となっています。
チビ太はこの作品の中で最も一般常識を持っている人物ということもあって、
カラ松に早く仕事を見つけるようにと気にかける優しさがありましたわ。

「水くせえぞ。カラ松。お前ぇ、おでん屋になりたかったのか?」
しかしチビ太は何を勘違いしたのか、カラ松がおでん屋をやりたいと思って
強制的に弟子入りさせていたから面白いです。
チビ太のこういうところはこのアニメらしい変人さが出ていますわ。
カラ松は丸坊主にさせられてちょっと可哀想だったかな(笑)

osomatsusan_09-07.jpgosomatsusan_09-08.jpg

「おでんは料理界の王様と呼ばれてたんだ。」
チビ太はハイテンションでおでんについて熱く語り始めていたからドン引きだ。
これではおでん作りの指導に全然なっていないですよね。
それにしても、この世界ではおでんが世界の歴史を揺り動かしてきたほどの
最終兵器的な料理となっているらしい。そんなバカな!?(笑)
とりあえず、チビ太がおでんに並々ならない情熱を傾けているのは理解したよ。
唯一まともそうなチビ太までもがこんな変人だと分かったのでw、この作品は
もう全く救いはなさそうだなぁ(^ω^;)

osomatsusan_09-09.jpgosomatsusan_09-10.jpg

「行ってきマッスル!マッスル!ハッスル!ハッスル!」
話が変わって、今度は十四松にスポットが当てられたお話になっています。
十四松の異様な明るさというかハイテンションぶりを見ると恐ろしさがある(笑)
他の5人の兄弟までもドン引きするくらいだから相当なものですよね。
あと、バカが付くほど野球が好きといったところが特徴でしょうか?(^ω^)

しかし、ある時から十四松が普通の男の子に変わっていたから驚きです。
こういう彼の真面目な姿を見ると、逆に違和感を覚えてしまいそうでよね。

osomatsusan_09-11.jpgosomatsusan_09-12.jpg

今回は十四松に可愛いガールフレンドが出来たところが見どころでした。
彼のハイテンションなノリにも臆することなく笑ってくれる優しい女の子だけど、
まぁそういう変わった好みがなければ十四松の恋人にはなれないかな。
とにかく十四松が一歩先にリア充へと昇格したのは予想外も予想外でした。
これから十四松が彼女とどのようなデートをするのか興味深かったです。

osomatsusan_09-13.jpgosomatsusan_09-14.jpg

「1ヶ月くらい前・・・・・・彼女死のうとしてて・・・・・・」
十四松がまたガールフレンドとデートすると、今度は一変して暗い雰囲気に・・・・・・。
これはフラれたのかなぁっと思うところですよね。
でも彼女は田舎に帰る事になったために、彼の元を去ろうとしたようでした。
十四松が涙を流していたのを見ると、本当に彼女のことを好きだったのでしょう。

あと、彼女が十四松と知り合ったことで自殺を思い止まったのは良かったです。
さすがにこういうキッカケでもなければ無職の遊び人に恋人は出来ないかな。

osomatsusan_09-15.jpgosomatsusan_09-16.jpg

「十四松君。私・・・・・・」
「また会えマッスル!マッスル!ハッスル!ハッスル!マッスル!マッスル!」
最後に十四松がガールフレンドを駅で見送るシーンは少し感動しました♪
まさかこの作品にこういう恋愛物語が見られるとは夢にも思わなかったです。
今度は十四松の方からガールフレンドに会いに行ってあげてほしいな。
そのためにも新幹線の乗車賃を稼ぐくらいに働く気になれたらいいですけどね(^ω^)
関連記事
おそ松さん