04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

NEW GAME! 第03話 「遅刻したらどうなるんだろう」

2017年05月02日
newgame_03-01.jpgnewgame_03-02.jpg
(C)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!製作委員会

青葉が会社に遅刻する!?
newgame_03-03.jpgnewgame_03-04.jpg

青葉が寝坊をしたために会社に大急ぎで出勤するところから始まります。
学生時代の頃と違って社会人ともなると時間厳守に厳しいはずですから、
走ってでも出勤時間に間に合わせようとするのは当然といったところかな。
しかし、青葉の足の遅さを見ると運動能力がかなり低そうだなぁ(笑)
これでは会社に遅刻してしまうのはほぼ確定だなぁっと思いましたよ。
今後は母親に起こしてもらえない時のために目覚まし時計を用意しないとね。

newgame_03-05.jpgnewgame_03-06.jpg

「おいおい。遅刻だっていうのに随分のんびりしているねぇ。自覚はあるの?」
「ご、ごめんなさい。」
遅刻した青葉とゆん先輩とひふみ先輩の3人はコウ先輩から注意を受けます。
特に青葉は新人の立場だから申し訳ない気持ちでいっぱいかな。

ただ、コウ先輩は部下を指導する事に慣れていないところがありましたので、
どのように注意をしたらいいのか悩んでいる様子がありましたわ。
一応コウ先輩は社会人としての常識を身に着けている感じがしました。
パンツ姿で会社に寝泊まりする部分だけがおかしいのかもしれません(^ω^)

newgame_03-07.jpgnewgame_03-08.jpg

「気を引き締めないと。」
青葉は気を取り直して、与えられた3Dキャラのモデリングの仕事を続けます。
それなりに動く3Dキャラを描けていたので、技術は身についていそうかな。
しかしコウ先輩はいくつかリテイクしてほしい部分を指摘していましたので、
プロの目から見るとまだまだ甘いといった感じなのかもしれません。
コウ先輩の細かい着眼点なんかを見ていると、さすがキャラデザイナーとして
実績を残しているだけはあるなぁっと思います。

newgame_03-09.jpgnewgame_03-10.jpg

「このキャラはどこがポイントなのかよく考えて。」
青葉は何回リテイクをしても、コウ先輩からダメ出しを受けてしまいます。
しっかりとコウ先輩の話をメモに取っているところは社会人らしいかも。
でもさすがに何回もリテイクをさせられると凹んじゃうかな(笑)

あとコウ先輩はヒントを与えるだけで、青葉自身の力で考えてもらいながら
仕事を身に付けてもらおうとしているような感じがします。
いずれは青葉もキャラデザイナーとして一本立ちしなくてはいけませんから、
コウ先輩は青葉のためにあえて厳しくチェックしてあげているのでしょうね。
こういう仕事面での指導はなかなか上司らしいところがあると思います。

newgame_03-11.jpgnewgame_03-12.jpg

「あんまり無理せんといてな。うちは青葉ちゃんのそのキャラ好きやで。」
ゆん先輩が青葉を元気づけるように飴玉をあげていたから優しいです。
青葉にとって年の近いゆん先輩とは気軽に話しやすいのかもしれません。
その後、青葉がひふみ先輩にキャラモデリングの相談をしていましたが、
こういう時にもメッセでやり取りしちゃうところが面白い(苦笑)

newgame_03-13.jpgnewgame_03-14.jpg

「青葉ちゃん。調子はどう?」
りん先輩が悩んでいる青葉のことを心配して声をかけてあげていましたが、
彼女のように気にかけてくれる先輩がいると青葉も気が休まると思います。
それにコウ先輩はあえて青葉に高いレベルのリテイクを与えていたようで、
先輩達が期待してくれているのを感じるとヤル気が出てきそうかな。
この会社は変わり者の先輩が多いけど、優しい人達なのは確かです。
青葉は本当に良い会社に就職できたのではないでしょうか。

newgame_03-15.jpgnewgame_03-16.jpg

「覚えることが沢山あって大変だけど、ゲームを作るのって楽しいです♪」
最後に青葉はコウ先輩からやっと3DモデリングのOKを貰えていました。
しかし今度はさらに高いノルマを課せられそうなのが心配ですわ(笑)
でもこれで青葉は1つ仕事を達成したことになるので嬉しいでしょうね。
これを自信にしてこれからの仕事に繋げていってほしいと思いました。

これまでは青葉が新社会人として歩み出した姿を中心に描いていましたが、
今回からは本格的にゲーム制作の仕事に触れていました。
企業を舞台にしたアニメでは、人間関係だけじゃなく仕事の内容も描く事が
必要になってくるので、それがどこまで盛り込まれるのかがポイントかも。
今回の話を見ていると、それなりにゲーム作りのテクニカルな部分なんかも
描いていってくれそうな感じはしました。
関連記事
NEW GAME!