06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

リカちゃんの日曜日

2017年02月17日
liccaova3_01-01.jpgliccaova3_01-02.jpg
(C)TAKARA Co., Ltd 1967 1992

リカちゃんがお友達のいづみちゃんと一緒に遊ぶ物語
liccaova3_01-03.jpgliccaova3_01-04.jpg

「リカちゃん」OVAシリーズの第3弾「リカちゃんの日曜日」の感想です。
前の2作品では現実離れした冒険ファンタジーとして描かれていましたけど、
この作品ではリアルな日常として描かれているのが大きく異なります。
私はリカちゃん人形といえば裕福な家庭で暮らしているお嬢様というイメージを
持っているので、まだ今回のような一般家庭を舞台にして描いてくれている方が
違和感なく視聴できる感じがします。


OP曲は、前作までとは変わって岩男潤子さんが歌う「虹の気持ち」です。

liccaova3_01-05.jpgliccaova3_01-06.jpg

リカちゃんの家族が楽しく過ごしている様子を描いたシーンから始まります。
リカちゃんには両親の他に双子の妹と三つ子の妹弟がいるので、彼女は
いわゆる大家族の家庭環境の中で暮らしているというのが特徴と言えます。
さらにリカちゃんにはお姉さんもいるという裏設定なんかもあるみたいだしw
これは黒歴史扱いになっているのかな?w
とにかく、子育てするのは大変そうだなぁっと思う冒頭シーンでした(^ω^)

今回の物語ではリカちゃんの友達のいづみちゃんが登場するのがポイント♪
いづみちゃんの人形は大人びた美女のイメージがあるのですが、アニメでは
リカちゃんと同年代の可愛らしい女の子として描かれている印象です。
とりあえず2人はとても仲良しというのがアニメでもよく表現されていますわ。

liccaova3_01-07.jpgliccaova3_01-08.jpg

「香山リカです。先程は失礼しました。」
「はい♪こんにちは♪」
リカちゃんといづみちゃんが訪れた場所は、いづみちゃんの親戚が住む家でした。
その家のお婆さんがお出かけをする間、幼いお孫さんの面倒を見ることになります。
お婆さんは気さくで優しそうな人だからいいのですけど、問題は彼女のお孫さんの
アキちゃんトモちゃんが愛想良くしてくれないところでしょうか。
特にお姉ちゃんのアキちゃんは不機嫌そうだから不安な感じがしてきます。
とにかくリカちゃんといづみちゃんがどのように2人の子供の相手をしてあげるのか
楽しみながら見ていました。

liccaova3_01-09.jpgliccaova3_01-10.jpg

「リカちゃん。(子供達の相手を)お願いね。」
「え?私が!?」
「これ終わったら手伝うから。」
でもいづみちゃんは子供の相手をするよりもクッキー作りの方に夢中になります。
面倒なことはリカちゃんに押し付けちゃうところがあるのかもしれない?(苦笑)
これは使えなさそうな女の子といった感じがしましたわ(^ω^;)

そうなるとリカちゃん1人で子供達の面倒を見てあげなくちゃいけないのですが、
アキちゃんが頑なに反抗的な対応をしてくるものだから困ったものですね。
まだ弟のトモちゃんの方が懐いてくれそうだったかな。
まずはトモちゃんと仲良く遊んであげたらいいかもしれない。

liccaova3_01-11.jpgliccaova3_01-12.jpg

「出来ないんだったら無理に仲良くしなくてもいいよ。」
「でもせっかく来たんだし・・・・・・。」
「アキちゃんって難しいから。私だって最初はそうだったもん。でもね、
仲良くなると本当に仲良くなれるんだよ。」

幼い妹や弟と遊び慣れているリカちゃんでもアキちゃんにはお手上げ状態です。
いづみちゃんは放任しているところがあるから、こちらはこちらで困ったものだ(笑)
何だかいづみちゃんの性格が掴みにくい感じがしてきましたよ(^ω^;)

「ねぇ。私もついて行っていい?・・・・・ね?」
「う、うん・・・・・・。」
でもリカちゃんが外で遊ぼうとするアキちゃんとトモちゃんについて行ったことで
親しくなれそうな兆しが見え始めていました。
まぁ相手もまだ子供だから、見ず知らずの人には警戒感があったのでしょうね。
そこは誰とでも仲良くなれるリカちゃんの腕の見せどころといった感じがしました。

liccaova3_01-13.jpgliccaova3_01-14.jpg

「私、他の遊びする。」
「いいわよ。1人で作るから。もぉ~。」
しかしリカちゃんがアキちゃんと遊ぼうとしていてもまだ打ち解けてはくれません。
何とかしてアキちゃんの心を開かせることができればいいのですが、アキちゃんも
気が強いところがあるからそう簡単にはいかない感じもしますね。
簡単に言えば、可愛くない性格をしているんだけどね(苦笑)
ただ、アキちゃん達の両親が海外の仕事で家にいないというのが気になったかな。
まだ幼い姉弟だから寂しい思いをして心を閉ざしやすいというのもありえそうでした。

liccaova3_01-15.jpgliccaova3_01-16.jpg

「いづみちゃーーーん!ファイト!ファイトォーーーッ!」
「ハァーーーイ!で、でも早くしてねぇーー!」
リカちゃんはアキちゃん達と遊ぶために丸太のブランコを作ろうとしていました。
この時のリカちゃんは高い木の上に登ったりしていたから凄いかもしれない。
それに工作をするのが得意そうなところも意外性がありました。
元々彼女はファッションデザイナーになる将来の夢を持っている子なので、
モノ作りならある程度はこなせるのかもしれませんね。

まだ、お菓子作りをしているいづみちゃんの方がお嬢様っぽさがあるかも。
力仕事も苦手そうな雰囲気がありましたし(笑)
このブランコ作りのシーンは2人の友情が伝わって微笑ましかったです♪

liccaova3_01-17.jpgliccaova3_01-18.jpg

トモちゃんが意固地なお姉ちゃんの束縛から逃れてブランコ作りに協力すると、
アキちゃんも居ても立ってもいられなくなって一緒に手伝ってあげていました。
これはいづみちゃんの非力さが功を奏したと言えそうかも(笑)

あとリカちゃんの行動力がアキちゃん達の心を揺れ動かしたのもあるかな?
リカちゃんのお父さんもフランスへの出張で家に帰ってこないことがあるので、
アキちゃんの寂しさというものを少し感じ取れたのかもしれません。
とにかく、ようやくリカちゃんはアキちゃん達と仲良くなれて良かったですわ。

liccaova3_01-19.jpgliccaova3_01-20.jpg

「また来てもいい?」
「うん♪ねぇ?アキちゃん?」
「うん。」
その後は夕暮れになるまでクッキー作りをして楽しい時間を過ごしたみたい。
リカちゃん達が最初に来た時からは全然異なる態度をみせてくれてますわ。
人見知りのアキちゃんが慕ってくれるようになって嬉しいでしょうね。
お別れする時にはまた遊ぶ約束をしていましたし、もうこれからは友達として
仲良く遊んでくれることでしょう。

liccaova3_01-21.jpgliccaova3_01-22.jpg

ED曲は、岩男潤子さんが歌う「レディ失格」です。
ED曲も前作までのED曲からは変更されています。

★総評★
今回は現実世界での日常アニメとして描かれたことで、リカちゃんという女の子を
身近な存在として感じながら視聴する事が出来たのは大きいと思います。
リカちゃんと親友のいづみちゃんとの楽しいやり取りを見られたのも良かったです。
リカちゃんの交友関係から彼女の日常生活を垣間見られたような感じがしたので、
よりいっそう彼女がどういう女の子なのか知ることが出来たような気がします。
ただリカちゃん人形といえばやはり女の子の変身願望を反映させた着せ替えが
一番売りだと思うので、そういう点では今回は着替えなかったのは惜しいかな。
関連記事
リカちゃん OVA版