03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

さすらいの太陽 第22話 「のぞみのデビュー」

2016年10月16日
sasurainotaiyou_22-01.jpgsasurainotaiyou_22-02.jpg
(C)藤川桂介・すずき真弓・虫プロダクション

のぞみが京都嵐山の音楽フェスティバルに出演する!
sasurainotaiyou_22-03.jpgsasurainotaiyou_22-04.jpg

のぞみが新田さんとお別れして、新天地へと旅立つところから始まります。
新田さんには色んなアドバイスをして貰ったので感謝でいっぱいかな。
それにしてものぞみって夜はどこで寝泊まりしていたんだろう?
もしかして新田さんの家で一夜を共にしていたのでしょうかねぇ?(笑)
これはこれでラブラブな妄想をしてしまいそうですわ(^ω^;)

あと、のぞみは明美さんが「心のうた」を歌ってくれたのが嬉しいみたいで、
少しずつ自分の歌が人々の間に広まる事に喜びを感じていました。
やっぱりプロの歌手を目指すからには、自分の歌をファンの人達にも
覚えて歌ってほしいものですもんね。

sasurainotaiyou_22-05.jpgsasurainotaiyou_22-06.jpg

「こんばんは。一曲いかがですか?」
のぞみは新たな土地の酒場で流しの営業を再開していました。
ただ店主から美紀のデビュー曲「とべない小鳩」をリクエストされるのですが、
のぞみからすれば意地悪な美紀の歌だから気持よく歌えそうになさそう。
まぁあれだけ美紀から色んなイジメを受けたらトラウマにはなるでしょうね。

美紀の歌がこれだけの人々に広まっている事を考えると、やっぱりヒット曲や
宣伝に力を入れた歌手が一番人気が出やすいのかもしれません。
美紀が着実にアイドルスターへの階段を駆け登っている姿を見てしまうと、
のぞみの気持ちが焦ってくるのも仕方ないと思います。
のぞみ自身は美紀と競争する気持ちはないとしても、やはり身近な人だから
意識するというものなのでしょう。

sasurainotaiyou_22-07.jpgsasurainotaiyou_22-08.jpg

「(私の歌を知っている人がまた1人・・・・・・♪)」
のぞみは気持ちを切り替えて、また別の酒場を訪れて流しをします。
さすがに未成年だからお酒を勧められても飲んではいけませんよね(笑)
あと、のぞみがお客さんから「心のうた」をリクエストされたのがポイント!
いつの間にかのぞみの歌が人から人へ伝わっているのでしょうね。
もちろんのぞみからすれば嬉しさと同時に自信も持てるようになるはず。

sasurainotaiyou_22-09.jpgsasurainotaiyou_22-10.jpg

のぞみは「ゲリラーズ」という4人組のバンドのメンバーと知り合う事になります。
あんな声のかけられ方をすれば、普通の女の子なら誰もが逃げちゃうと思う(笑)
ナンパというよりも襲おうとしているようにも感じちゃいますもん(^ω^;)
とりあえず、彼らはのぞみの歌に惹かれて声をかけてきたみたいだ。

「皆の言う通りかもしれないわ。確かに私は自惚れていたのかもしれません。」
のぞみはゲリラーズの皆から音楽について語り合ったりしていたわけですが、
同じ音楽仲間だからこそ通じ合える部分もありそうに思えました。
新田さんのような年配の音楽家からアドバイスを受けるのも勉強になるけど、
兄貴のようなメンバー達の忠告を受けてみるのも色々と考えさせられそうだ。

のぞみが彼らと会ってから楽しそうな表情を浮かべていたのが印象に残ります。
まだ高校生の彼女は同年代の友達とほとんど遊ばずに過ごしてきているので、
彼らのような人達と触れ合えて楽しく感じているような気がします。
まぁそれでも見ず知らずの男性の車に乗って付いて行くというのは、同じ女性の
私から見れば警戒心がないかなぁって思ったりしますけどね(^ω^;)
良く言えば、社交的で人付き合いの良い性格が出ていると言えそうだけど。

sasurainotaiyou_22-11.jpgsasurainotaiyou_22-12.jpg

「元気そうね。流しの旅に出たというから心配してたのよ。」
「何とかやっています。美紀さんこそ、大ヒットおめでとう。」
のぞみが美紀のイベント会場を通りかかったために彼女と再会してしまいます。
美紀がのぞみを心配して声をかけていたけど、言葉の裏では嫌味に聞こえる(苦笑)
デビュー曲がヒットしているので、もう勝ち誇ったかのように見下しているのでしょう。
まぁいつもの平常運転の美紀といった感じがしますわ(^ω^;)

もちろん、のぞみが美紀との再会に感激するわけもなく、いかにもその場から
逃げたそうにしていたのが面白いです。まぁそれが普通の反応だと思う(^ω^)
あと、のぞみにとって心配なのは、お父さんの体調が良くないと聞かされた事です。
そこでも家に帰らずに歌を優先させていたところに、彼女の覚悟を感じます。
この旅で本物の歌手になるまでは家に戻らないつもりだったのでしょうね。

sasurainotaiyou_22-13.jpgsasurainotaiyou_22-14.jpg

のぞみはゲリラーズから誘いを受けて、「嵐山フェスティバル」という若者達の
野外音楽イベントへの参加をすることになりました。
ゲリラーズと一緒にライブをするのも新鮮だし、これだけ多くの観客の前で
歌うというのも初めての経験なので、色んな刺激を受けられそうですね。
まさにのぞみにとっては貴重なライブステージと言えそうでした。

sasurainotaiyou_22-15.jpgsasurainotaiyou_22-16.jpg

のぞみが「心のうた」を歌い終えると、観客達から拍手が巻き起こっていました。
大きなステージの上でも全く緊張せずに堂々と歌えるのだから、やはり彼女は
プロの歌手としての素質は十分に兼ね備えていると思います。
それに観客達をあれほど感動させられるのだから、本当に彼女の歌声には
人々のハートを揺さぶるような力があるのでしょうね。
もうほぼ完璧にプロの歌手へと近づいたような印象を受けましたよ。
はたして彼女がこれからどのように歌手デビューを迎えるのか楽しみでした。

今回はのぞみが歌手としてステージで歌うシーンがあったのが良かったです。
今までは流しの営業ばかりでカラオケをしているような雰囲気だったのですが、
このライブでようやく歌手らしく歌ってくれたような感じがしました。
ようやくアイドルアニメらしい展開になりそうだなぁって思いましたよ。
関連記事
さすらいの太陽