04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

アイドル天使ようこそようこ 第15話 「翼に夢を乗せて」

2016年07月12日
youkosoyoko_15-01.jpgyoukosoyoko_15-02.jpg
(C)葦プロダクション・ビックウエスト

歌声で飛行機を動かす!?
youkosoyoko_15-03.jpgyoukosoyoko_15-04.jpg

今回はムーが公園で見知らぬオジサンに誘拐されるところから始まります。
一瞬、何が起こったのか理解できずにキョトンとするサキが面白い。
わざわざ人さらいをムササビさらいと言い直すところも笑いました(^ω^)
当然、ようことサキは追いかけようとしますが、ようこの速い足でもなかなか
追いつかないので亮さんに捕まえるのを手伝ってもらって良かったと思う。
今後、ムーは誘拐されないように上手く飛ばなくてはいけないでしょうね(笑)

youkosoyoko_15-05.jpgyoukosoyoko_15-06.jpg

「こんな綺麗な絵を描けるんだもの。きっと悪い人じゃないです。私、そう思います。」
ようこはムーが無事だったこともあって犯人を許してあげていましたけど、
変な部分でこだわったりするかと思えば、全く無関心な時もありますよね。
視聴している私も未だにようこの性格が掴みきれていませんわ(苦笑)

ちなみにムーを誘拐しようとしたオジサンはというアマチュアの絵描きさんで、
レオナルド・ダ・ヴィンチのような発明もできる芸術家を目指しているみたい。
そんな彼がムーの何を研究しようとしていたのか気になるところでした。
そういうわけで、今回はこの漠さんがメインゲストのエピソードとなっています。

youkosoyoko_15-07.jpgyoukosoyoko_15-08.jpg

「これが私の人生の全てを賭けた最高傑作です!」
漠さんは自家製の飛行機の開発をしていたからなかなか凄いかもしれない。
若干、ネーミングセンスがないけどね。
でも亡くなった奥さんの名前がマリということを考えると、おそらく空を一緒に
飛びたい夢を持っていた彼女の事を偲んでマリリン号と名付けたのでしょう。
漠さんって気さくで明るい性格の人といった印象があります。

あと、漠さんはムーを研究して飛行機の技術に取り入れようと考えていました。
これでムーを誘拐しようとした理由が明らかになったわけですけど、わざわざ
そんな事をする前に一言でもお願いをすればいいのにね(苦笑)
良い人なんだけど、どこか変な性格をしているというのも感じます(^ω^)

youkosoyoko_15-09.jpgyoukosoyoko_15-10.jpg

「サキさんは信じてますか?」
「うん♪もっちろん♪明日はムーの飛行実験、一緒に頑張ろうね!」
ようこは豊さん達が漠さんの研究を信じていなかったのでご機嫌斜めでしたが、
親友のサキだけでも信じてくれる人がいてくれるので嬉しそうでした。
この2人は性格は全然違うけど、夢を追い求める姿勢はよく似ていると思います。
だからお互いに難しい歌手と女優の夢を諦めずに追い求められるのでしょうね。
こういう共感する部分があるからいつも一緒に過ごせるのかもしれません。

それにしても仮免許状態のムーで飛行テストする意味があるのかが疑問です(笑)
まぁ本人はすっかりその気になっているからいいのですけどね(^ω^)

youkosoyoko_15-11.jpgyoukosoyoko_15-12.jpg

「ムー!ガンバっ!」
「ムー!ファイト!」
「今だ!歌を!」
いよいよ漠さんが考案した飛行システムによるムーの飛行実験が始まります。
すると、ようこの歌声でプロペラが回りだしていたから大成功です♪
これなら確かに人の声で動かせる飛行機を飛ばせそうな感じでした。
飛行するのが苦手なムーにとっても良い補助装置になっているかもしれない(笑)

youkosoyoko_15-13.jpgyoukosoyoko_15-14.jpg

あと問題なのは、渋谷は大都会なので飛行機を飛ばせる場所がないことです。
そこで、豊さんや作さんなどが協力をしてくれるようになったのは良かったかな。
実際に漠さんの飛行実験が成功したから信じてくれるようになったのでしょう。
何だかんか言ってても、皆は親切で優しい人達ばかりです♪

youkosoyoko_15-15.jpgyoukosoyoko_15-16.jpg

「私達、屋上から飛んでみようなんて思ってます。ちょっとだけ通してください。」
ようこ達が豊さんに紹介された場所は高い高層ビルの屋上でした。
でもガードマンにバカ正直に理由を話したら通してくれるはずがないw
素直で正直なのは良い事だけど、こういう時はマイナスですね(苦笑)
ここからはいかに屋上に辿り着けるかの大騒動になっていましたよ。
サキがようこにオモチャのように投げられていたのが可哀想でしたわ(笑)
いったい友達を何だと思っているんだろうねぇ?
まぁサキのお陰でガードマンの動きを封じていたから良かったのかな(^ω^;)

youkosoyoko_15-17.jpgyoukosoyoko_15-18.jpg

「よし!出来た!歌ってくれるかい?」
「はい!きっと叶う夢のために!」
ようこと漠さんは屋上で素早く飛行機を組み立てて飛ばそうとします。
この時にようこが作さんに作ってもらった新しい曲を歌っていました。
ちなみに曲名は「夕陽のクレッシェンド」です。
今までは少女らしい爽やかで明るい感じの曲を歌うのが多かったけれど、
この曲はやや大人の雰囲気のある曲だったので珍しく感じました。
彼女はこういう歌なんかも歌えるみたいだ。

youkosoyoko_15-19.jpgyoukosoyoko_15-20.jpg

「飛んでー!飛んでーー!!マリリーーーーン!!!」
漠さんは離陸に失敗して墜落しそうになっていたのですが、ようこが飛行機に
パワーを与えるように叫んだことで何とか飛び立てていたので安心しましたよ。
これも人の声が飛行機を動かせることを証明したような感じでしたね。
ようこのように人の気持ちを信じる心が奇跡を起こしたものと思えますわ。
それに、きっと天国の奥さんも旦那さんを助けようとしたのでしょう。
これで夫婦一緒に空を飛ぶという夢が叶えられて良かったのではないでしょうか。
関連記事
アイドル天使ようこそようこ