09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

アイドル天使ようこそようこ 第02話 「歌声はバイエルで」

2016年04月27日
youkosoyoko_02-01.jpgyoukosoyoko_02-02.jpg
(C)葦プロダクション・ビックウエスト

渋谷のアリス達のお部屋探し♪
youkosoyoko_02-03.jpgyoukosoyoko_02-04.jpg

ようことサキが公園のベンチで一夜を明かしたところから始まります。
東京まで出てきて芸能事務所に所属できるようになったのはいいのですが、
さすがに女子中高生くらいの子が野宿生活をするのは問題ですよね(笑)
ここはまず住む場所と食べ物だけでも確保をしておく必要がありそうでした。
今の彼女達は夢を叶えるよりも東京で生活するほうが大変な感じがしますわ。

youkosoyoko_02-05.jpgyoukosoyoko_02-06.jpg

そこで2人が山下社長のマンションを訪れるのだから良い意味で遠慮がないw
最初に吉秋久美子という女性が対応していたのですけど、さすがにAV女優を
スカウトするような事務所に女子中高生達が訪れてきたら怪しむでしょうねw
山下社長に嫌味を言って立ち去っていたのがちょっと面白いです。
とりあえず久美子さんは奥さんではなく、ガールフレンドといった感じでしょうか。

あと山下社長からすれば、2人が身寄りもなく住む場所もなく東京に来たとは
思わないから呆気にとられるのも当然でしょうね(笑)
ここはアイドルになるための指導よりも、大都会の東京での暮らし方というのを
教えてあげないといけない感じでしたわ。

youkosoyoko_02-07.jpgyoukosoyoko_02-08.jpg

ようこ達は家に住むにはお金が必要だと教えられたので銀行に向かいます。
まだ14歳で銀行のキャッシュカードを持っているのは凄いかもしれない。
でも、誕生日を暗証番号にしていると堂々と話すのは良くないですよね(苦笑)
ようこって危機管理意識を持っていないような気がしますわ。
その点では年上のサキが口を抑えて注意してあげていたのは良かったです。
一般常識面においてはサキの方が世間を知っていると思います。

あと、ようこがお金を引き出そうとすると大金が出てきていたからビックリです!
いったい彼女の口座にはいくらお金があるんでしょうね!?
ますます彼女の正体を知りたくなりますわ。

youkosoyoko_02-09.jpgyoukosoyoko_02-10.jpg

「私は自分の力でやりたい。一歩一歩成功してスターになりたいの。親や友達の
力を借りてスターになるんだったら、家出なんかしてこないわ。」

「はい。それ好きです。私だって1人で出てきたんです。この部屋やめましょう。」
サキはようこのお金で借りた家に居候させてもらうので肩身が狭そうでした。
彼女は自分の力だけで女優にろうとする気持ちがあるから素晴らしいです。
ようこはサキの気持ちを察して家を借りるのをキャンセルしていたのですけど、
住む場所くらいはお金を使えばいいのになぁって思ったよ(苦笑)
お金を使わずにどのように住む場所を見つけるのかが気になるところです。

youkosoyoko_02-11.jpgyoukosoyoko_02-12.jpg

ようことサキは不動産屋や本屋さんなどを巡って部屋を探していたのですが、
未成年で保証人もいない2人に貸してくれるような物件があるはずがない(苦笑)
結局は公園で野宿をするしかないとはいえ、もし雨が降ると大変ですよね。
もうアイドルになる夢を叶える前に部屋探しの段階で頓挫しそうな感じでした。

youkosoyoko_02-13.jpgyoukosoyoko_02-14.jpg

ようことサキは公園で亮さんが不良達に絡まれていたところに遭遇します。
そこでようこが亮さんを助けようとしてあげていたから勇気がありますわ。
あと、サキもカバンでぶん殴ってようこを助けようとしていたのは面白い!
ようこはケンカに強いところがあるけど、サキもやる時はやる子なのでしょうね(^ω^)

youkosoyoko_02-15.jpgyoukosoyoko_02-16.jpg

亮さんが泊まる場所のない2人を行きつけのバーに連れて行ってあげます。
「渋谷のアリス」という紹介がメルヘンな感じで良いですね。
このバーでは他人のことを詮索しない人達が集まる場所になっているらしい。
だからようこやサキのように故郷や生い立ちなどを秘密にしておきたい人や
行き場のない人にとっては過ごしやすい場所なのかもしれません。
女の子が公園で野宿するくらいなら、ここで休ませてもらった方が良さそうだ。

ちなみにようことサキに話しかけてきた客はさんと呼ばれている漫画家さん。
本職の漫画は売れないらしいけど、人生相談では定評があるみたいです。

youkosoyoko_02-17.jpgyoukosoyoko_02-18.jpg

ようこはお店の中でピアノを弾いているさんというおじさんとも知り合います。
売れない作曲家ですけど、ようこには心に響く音色に感じたように見えます。
そのあと、ようこはピアノの教科書のバイエルを渡して弾いてもらうのですけど、
作さんの伴奏に合わせて歌っていたからとても素敵でした♪
ようこは独自で作詞をして歌うことも出来る程の音楽の才能が高い事が伺えます。

あと、そのお店には山下社長や原田さんの他にも京子までやって来ていたので、
この作品のレギュラーメンバーが集まるようなお店といった感じがしました。
とりあえず、京子がようこの歌を聞いて衝撃を受けていたのもポイントかな。
彼女の場合はライバル心を燃やすと同時に弱気になっちゃうのも特徴ですわ。
サキ以上にネガティブ思考なところがあるなぁって思います(苦笑)

youkosoyoko_02-19.jpgyoukosoyoko_02-20.jpg

最後にようことサキは山下社長からデビューに向けて頑張るように言われます。
おそらく、ようこの歌声が社長を少し本気にさせるほど心を動かしたのでしょう。
これで山下社長もようやく重い腰を上げてくれそうな感じでしたね。
彼女達の夢が叶えられるかどうかは分かりませんが、とりあえず第一段階の
芸能事務所に所属させてもらえたことは良かったと思います。
あとは、お部屋探しと生活費などをどうするのかという問題が残っていますけど、
仲良しの彼女達なら何とか協力し合いながら頑張ってくれそうな気がしました。
関連記事
アイドル天使ようこそようこ