07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

いちご100% 第15話 「夢の続きをもう一度」

2017年05月25日
ichigo100_15-01.jpgichigo100_15-02.jpg
(C)河下水希・集英社/いちご100%製作委員会

綾が唯の家庭教師をする!
ichigo100_15-03.jpgichigo100_15-04.jpg

お正月に淳平が唯と一緒に神社にお参りしに行くところから始まります。
唯は中学3年の受験生だから志望校への合格祈願が目的といったところかな。
淳平の方は恋愛祈願をするのですが、あれだけヒロイン達にモテているのに
今更何を願うんだろうっと不思議に思えてなりません(苦笑)
あとは自分の決断で誰を選ぶのかだけなのになぁ・・・・・・(^ω^)

神社では綾と遭遇して一緒に帰るのですが、唯は綾も去年の時は桜海学園を
志望校にしていた話を聞いて勉強を教えてほしいとお願いします。
そういうわけで、今回は綾が唯の家庭教師をするお話になっていました。

ichigo100_15-05.jpgichigo100_15-06.jpg

淳平は綾が家に来たので喜ぶものの、唯に邪険に扱われて可哀想でした(笑)
まぁここは2人の勉強の邪魔をしてはいけないから仕方ないでしょう。
とりあえず唯が綾ととても仲良くなってくれそうだから良かったと思います。
同じようにさつきに対しても先輩として敬う事が出来ればいいのですけどねぇ。
綾に対する態度とさつきに対する態度の違いを感じるシーンでした(^ω^)

ichigo100_15-07.jpgichigo100_15-08.jpg

唯は綾になぜ桜海学園を受験しなかったのかを尋ねた事から恋話に変わります。
そこで綾は好きな人の名前こそ出しませんでしたが、誤魔化さずに自分の想いを
語っていたので正直なところがあるなぁって思います。

ただ、淳平とつかさが別れたと聞いた時の綾の驚き方はとても印象的です。
今まで淳平がつかさと付き合っているから遠慮していたところがありましたので、
彼がフリーになったなら綾の気持ちはかなり揺れ動きそうな感じですね。

彼女は優等生の姿から想像できないドジっ子なところ見せるのが面白い。

ichigo100_15-09.jpgichigo100_15-10.jpg

唯がお菓子を買いに行っている間に淳平と綾が2人きりになってしまいます。
数学のノートを見て、中学時代に知り合った時の事を思い出していましたね。
もしあの時、淳平が綾の事をつかさだと勘違いしなければ、きっとこの2人が
恋人同士として付き合っていた可能性が高かったでしょう。
そう思うと、今の2人の微妙な距離感のある関係が何とも言えない感じですわ。

ichigo100_15-11.jpgichigo100_15-12.jpg

淳平が綾の書いた小説を見せてもらってとても良い雰囲気になっていました。
お互いに両思いならここで告白して恋人同士になってしまう事もありえましたが、
そこはラブコメなのでちゃっかりと唯がお邪魔虫をしてくれましたね(笑)
せっかく良いところだったのになぁ・・・・・・・。
淳平のために2人きりにさせたのなら、きちんと気配を消さないといけない(^ω^)

ichigo100_15-13.jpgichigo100_15-14.jpg

とりあえず、唯は淳平が綾に惚れていることには気づいているみたい。
そうなると唯本人は別に淳平の事を何とも思っていないということになりますね。
きっと淳平の妹的なポジションで彼の恋の行方を見守ってくれているのでしょう。
まだまだ淳平の優柔不断な恋愛は続いていくことになりそうでした。

この作品はヒロイン毎にきちんと見せ場を用意しているのが良いところです♪
どのヒロインのファンの方も楽しめるように作られている気がします。
その反面に淳平がどのヒロインと結ばれるのかが全く予想できないんですけどね(苦笑)
関連記事
いちご100%