07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

この素晴らしい世界に祝福を! 第07話 「この凍えそうな季節に二度目の死を!」

2016年02月25日
konosuba_07-01.jpgkonosuba_07-02.jpg
(C)2016 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば製作委員会

冬将軍の到来!?
konosuba_07-03.jpgkonosuba_07-04.jpg

カズマがアクアの作った借金返済に頭を悩ませているところから始まります。
駄女神のせいでクエストを達成しても借金が増えるし、寒い冬でも馬小屋で
寝なくちゃいけないのだからモチベーションが下がるわけですよね(笑)
その駄女神は自分の事を棚に上げてカズマに甲斐性なしだと文句を言うし、
カズマがむかつくのも分かる気がしますわ。
もう風邪を引かないようにだけ気をつけて頑張れ!としか言えないです(^ω^)
とにかくこのままでは借金が減るわけもなし、良いクエストをこなそうとします。

konosuba_07-05.jpgkonosuba_07-06.jpg

さっそくカズマ達は雪精を討伐するクエストを引き受けて雪山へ向かっていました。
さすがに寒い冬なので防寒対策をしていたのが印象的でしょうか。
ダクネスは寒さで凍えるのも快感に感じていそうだから何とも言えないです。
彼女には気温陵辱プレーという新たな分野まで開拓しているみたいだ(笑)
あと、アクアは討伐よりもお持ち帰りの方を優先させたいようでしたので、
こりゃクエストを達成しても借金が増えていくわけだ(苦笑)
とりあえず、雪精は強いモンスターでもないので簡単にノルマを達成できそうかな。
だから別にめぐみんの爆裂魔法を使う必要はなさそうに思えたけどね。

konosuba_07-07.jpgkonosuba_07-08.jpg

雪精を倒していると、その親玉の冬将軍が登場してきたのでピンチを迎えます。
ダクネスの剣を簡単に折っていたからかなり強そうでしたわ。
まぁ彼女は剣を持ってても攻撃が当たらないから別に問題ないかなw
何だか冬将軍爆誕の経緯を聞いていると、ゴーストバスターズに登場する
ラスボスみたいなものかもしれないなぁって思いました(^ω^)
まぁこちらはイメージに合ってていかにも恐ろしそうな感じですけどね。

konosuba_07-09.jpgkonosuba_07-10.jpg

アクアがこのピンチを乗り切るための秘策として土下座をしていたから面白い。
でもまぁ勝てない相手だったら降参するのが一番ということなのでしょう。
ただ、カズマだけがうっかり武器を手にしていたのが不運だったかも・・・・・・。

konosuba_07-11.jpgkonosuba_07-12.jpg

なんと、カズマが冬将軍に殺されちゃっていたから驚きの展開です。
でもカズマにとっては裕福な生活ができる世界に転生させてもらえるから、
願ってもないチャンスが訪れたといったところでしたわ。
たとえ役立たずだったとはいえアクア達との別れの悲しさを微塵も感じずに、
むしろ大変喜んでいたくらいだから一瞬薄情だなぁって思ったよ(苦笑)
それほどカズマにとっては理想の冒険者生活とは違っていたのでしょう。

「もう少しあいつらと冒険したかったなぁ・・・・・・。」
でもカズマが涙を浮かべてポツリと呟いたところに彼の本心が見えていました。
何だかんだ言っててもやっぱり彼はアクア達との生活が楽しかったのかもしれない。
この作品にしてはちょっと感動させてくれた珍しいシーンだったと思います♪

konosuba_07-13.jpgkonosuba_07-14.jpg

アクアが復活の魔法を使ったことでアクセルの街に戻れることになります。
エリスによって幸せな生活を約束されていたのですが、それを捨ててまで
アクアたちと一緒に過ごそうというのだから相当物好きなのかも。
まぁカズマとアクア達との間で仲間意識が出来ていたということなのでしょうね。
あと、エリスが胸パッドで底上げしている事をバラされて可哀想だったかなw
女神様でも胸を大きくする魔法は扱えないみたいだ(^ω^)

konosuba_07-15.jpgkonosuba_07-16.jpg

カズマが生き返るとめぐみん達が号泣しながら出迎えてくれていました!
彼女達もカズマの事をとても大切に思ってくれていたから良い仲間だよ。
これならカズマはこっちの世界に戻って来て良かったと思います。
ただ、暫くの間は生き返らせてくれたアクアに頭が上がらないでしょうけど(笑)
あのデンプシー・ロールが本物なら魔物退治に役立てられるんだけどなぁ(^ω^)
とりあえず飲食代がかかってカズマの馬小屋暮らしは続くことになりそうだ。
関連記事
この素晴らしい世界に祝福を!