08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

いちご100% 第06話 「春の嵐は幼なじみ」

2017年04月20日
ichigo100_06-01.jpgichigo100_06-02a.jpg
(C)河下水希・集英社/いちご100%製作委員会

淳平が幼なじみの女の子と再会する!
ichigo100_06-03.jpgichigo100_06-04.jpg

朝、淳平が目覚めるとベッドの中から女の子が現れるところから始まります。
それも半裸状態の女の子だったから淳平が驚くのは無理はないでしょう(笑)
彼女は南戸唯という1歳年下の幼なじみでした。
何年ぶりかの久しぶりの再会みたいですけど、いくら幼なじみだとはいえ
男の子のベッドに入り込むというのは大胆だと思います。
新たな女の子が登場したことで、物語の雰囲気が少しは変わりそうかな。

ichigo100_06-05.jpgichigo100_06-06.jpg

唯は来年に桜海学園を受験するつもりなので下見をしに来ていました。
もし上手く合格すれば、つかさの後輩ということになりますね。
淳平は唯に振り回されて嫌そうな顔をしていましたので、彼女のことを
相当苦手にしているのでしょうね。
明るく元気な妹みたいなものと思えればいいのですが、ちょっと難しそうかな(^ω^)

ichigo100_06-07.jpgichigo100_06-08.jpg

唯が犬を見かけて怖がっていたので苦手にしているようでした。
淳平に寄り添う姿を見るとやっぱり女の子らしいところがありますね。
淳平がお店で買った肉まんを投げ与えたお陰で助かりますが、2人にはこれと
似たようなことを昔にもやっていたみたいで色々と思い出がありそうでした。
何だかんだ言ってても、2人は仲良しなんだなぁって思います。

ichigo100_06-09.jpgichigo100_06-10a.jpg

淳平がお風呂に入っていると、唯が背中を流しに入ってきていました!
彼女はまだ淳平の事を異性として見ていないのでしょうかねぇ?(笑)
まだ幼い頃ならまだしも、さすがに中学3年生ともなると問題があるかも(^ω^;)
このやり取りを見ていても2人がとても親しい関係であることが伺えますわ。

ichigo100_06-11a.jpgichigo100_06-12.jpg

「どうせ濡れちゃったんだから唯もお風呂に入っちゃおうかなぁ♪」
唯が淳平の体を洗ってあげるだけならまだマシだったのですが、その後には
目の前で服を脱ぎだして一緒にお風呂に入ろうとしたから信じられないw
唯は淳平の事を完全に男だと思ってなさそうだ。
淳平は慌ててお風呂から出て行きましたが、これは誘われていると思って
一緒に入っちゃっても良かったんじゃないでしょうか(^ω^)

ichigo100_06-13.jpgichigo100_06-14.jpg

「おはよう~。淳平。寝坊しちゃった。」
「そういう問題か!?何でここにいるんだよ!?」
次の朝、また唯が淳平のベッドの中に潜り込んでいたから笑いますわ。
淳平としては少々厄介な幼なじみと再会しちゃった気分かもしれませんね
それにしてもパンツまで脱いで寝るとはどんな感覚をしているんだろう?w
でもまぁ今までは綾とつかさの苺柄パンツしか描かれていませんでしたので、
初めて異なる柄のパンツが見られたなぁって思いました。
これから唯がどのように物語に絡んでくるのか楽しみです。
関連記事
いちご100%