06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

いちご100% 第02話 「誤解それともカン違い?」

2017年04月07日
ichigo100_02-01.jpgichigo100_02-02.jpg
(C)河下水希・集英社/いちご100%製作委員会

淳平が学園一の美少女つかさと付き合い始める!
ichigo100_02-03.jpgichigo100_02-04.jpg

この作品は30分枠のアニメですが、1回の放送で2話ずつ放送されていました。
つまり初回放送のAパートが第1話で、後半のBパートが今回の第2話となります。
もし今の時代なら15分枠アニメと放送されているような作品かもしれませんね。
とりあえず、このブログでは本放送時の話数単位で感想を書いていますので、
1話ずつ感想を更新していこうと思っています。(未放送回は省略しています。)


「(マジで可愛いよ♪西野つかさ♪この子が今日から俺の彼女だなんて♪)」
淳平が西野つかさに告白して付き合うことになったところから始まります。
学校で一番可愛い女の子と付き合えるので緊張しながらも感激している感じです。
逆につかさの方は男の子相手に気さくに話しかけて慣れている様子がありますね。
それに手を取り合うシーンがあったりと付き合って早々と密着度が高い♪
2人がこれからどのようなお付き合いをするのか楽しみでした。

ichigo100_02-05.jpgichigo100_02-06.jpg

淳平とつかさが公園のベンチに並んで座っているところも恋人同士に見えます。
でも知り合ったばかりで会話が弾んでいないためにまだ距離感がありますね。
ただ淳平はつかさがパンツを見せてくれるような想像をしていたからおかしい。
彼は少し変態っぽい思考を持っている感じがする(笑)

つかさは暇を持て余すようにリップクリームを塗ったり、手鏡でヘアスタイルを
整えたりしているところを見ると、今時の女子学生っぽい雰囲気があります。
ただ、ルーズソックスというのが時代を感じさせてくれるかな。

ichigo100_02-07.jpgichigo100_02-08.jpg

「あたしと一緒の高校を受験して!淳平君!」
「はいはい。はい・・・・・・えっ!?」
つかさは淳平の事を何も知らないので、彼の事を知ろうと思っていました。
そこでいきなり同じ高校を受験しようと誘っていたから飛躍しすぎだ(苦笑)
確かにこれからも付き合うとなると、一緒の高校の方が付き合いやすいから、
彼女の考えも分からなくもありません。
とにかく、つかさが淳平にかなり興味を持っているような印象を受けます。
そうじゃないと自分の志望校を取りやめてまで淳平の志望する高校へ行こうと
思わないはずですもん。
つかさも意外に突拍子のない考えや行動をする子なんだなぁって思いました。

ichigo100_02-09.jpgichigo100_02-10.jpg

淳平は思わずつかさの手を取った時に緊張して手を離したりしていました。
女の子に対して全く免疫がないのでしょうね。
逆につかさの方は手を繋いでも気にする素振りを見せていなかったので、
彼女は異性慣れしている感じがします。

ichigo100_02-11.jpgichigo100_02-12.jpg

「ありがとう。上手くいったのは東城のアドバイスのお陰だよ。」
淳平は映像部のある志望校を受験するために頑張って勉強をしています。
学校で一番成績が優秀な綾に勉強を教わっていたので、こういう時は
彼女と知り合えるようになって良かったと言えそうです。
2人はクラスメイトとはいえ今まで会話すらしていなかったはずなので、
このように親しくなれたのも苺パンツのお陰といったところかな(^ω^)

ichigo100_02-13.jpgichigo100_02-14.jpg

最後に綾がバランスを崩して転んでいたからドジなところがあります(笑)
おまけに苺柄のパンツまで思いっきり見せつけていたから何とも言えません。
まぁこれこそがこの作品のタイトルの由来にもなっているのでしょうけどね(^ω^)
これで少しは綾が屋上にいた女の子だと気づけばいいのですが、そこは
まだ今の地味な彼女の外見に騙され続けそうな感じでした。
いつ淳平が苺パンツの美少女の正体に気づくのかが今後の鍵となりそうだ。

ichigo100_02-15.jpgichigo100_02-16.jpg

ED曲は、HINOIチームが歌う「IKE IKE」です。

ichigo100_02-17.jpg

下校する時の西野つかさの制服姿です。
ダッフルコートを着てマフラーをしているのが可愛い♪
関連記事
いちご100%