05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

冴えない彼女の育てかた 第09話 「八年ぶりの個別ルート」

2017年02月15日
saekano_09-01.jpgsaekano_09-02.jpg
(C)2015 丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA 富士見書房/冴えない製作委員会

倫也がヒロインになる!?
saekano_09-03.jpgsaekano_09-04.jpg

英梨々が夏コミ後に倫也に怒りをぶつけて走り去ったところから始まります。
さすがにオタな倫也でもこれは危機を迎えていると感じるものみたいだ。
そこで詩羽が恵から連絡を受けて心配して駆けつけていたのは優しいけど、
わざわざ添い寝までしてあげるのは大胆ですよね(笑)
恵も彼を心配してあげているにしてはマイペースなところは変わっていないし、
この作品に登場する女の子はちょっとズレているキャラばかりです。

saekano_09-05.jpgsaekano_09-06.jpg

「俺、どうすればいいのかな?」
「幼なじみヒロインを攻略すればいいのよ。ヘタレ主人公くん・・・いえ、倫理くん。」
倫也が英梨々との経緯を説明すると、詩羽は改変して受け取ったから面白い。
でもまぁ倫也だけじゃなく、詩羽も一応英梨々を心配してあげているのでしょう。
確かに英梨々のアドバンテージだった幼なじみや同人作家としてのポジションが、
ポッと出てきた出海に横取りされたとなるとショックなのは分かる気もしました。
詩羽は同じ女性の視点だから英梨々の気持ちをよく分かってる感じですね。
あと、恵が乙女ゲーを応用するようにとアドバイスしてあげていたのも良いかも。
とにかく、このままの状態では同人ゲーム作りが頓挫してしまうので、倫也が
どのように英梨々を慰めて立ち直らせてあげられるのかがポイントでした。

saekano_09-07.jpgsaekano_09-08.jpg

英梨々の方はまだショックを引きずったまま沈み込んでいたままでした。
シャワーを浴びたり、下着姿を見せたりする萌えシーンだったのですけど、
ここはシリアスな雰囲気が出されていたのでエロい印象は薄いかも。
あと、英梨々は倫也と乙女ゲー「リトルラブ・ラプソディ」の男性キャラを
重ね合わせていることも分かるように描かれていました。
もうこのシーンを見ても彼女が倫也を好きになっているのは明らかですね。

saekano_09-09.jpgsaekano_09-10.jpg

「ちょっと抜け出さないか!英梨々!」
倫也が英梨々の好きなセルビスのコスプレをして誘いにきたシーンは素敵です♪
これは英梨々にとってはとても嬉しいシチュエーションだったと思います。
ここまでやってくれるなら彼の誘いを断れるはずもないですよね。
詩羽がゲームのイメージ通りに上手くコーディネートしてあげていたみたいだし、
恵と共に英梨々を同人サークルに連れ戻そうとする気持ちも感じられます。
一見、性格も考え方も違う女の子達ですけど、同人サークルのメンバーとして
1つに繋がっている事が感じられましたよ。

saekano_09-11.jpgsaekano_09-12.jpg

「先に俺を見限ったのは英梨々の方じゃないか!」
「・・・・・・っ!?」
その後、倫也が逆ギレし始めた時は何事かと思いましたが、どうやら2人には
過去にちょっとしたトラブルから疎遠になっていた時期があったようです。
回想を見る限り、英梨々がクラスメイト達からイジメを受けたくないために
脱オタのフリをして倫也を避けるようになったのが原因みたいだ。
倫也からすれば裏切られて見捨てられたような思いだったのでしょう。
でも、今となってはその2人がなぜこうして接触できたのかも気になりますね。
英梨々は今でも学校の中では非オタの猫を被っているようですし。

ここは一気に仲直りから愛の告白の流れになるのかなぁって思ったのですが、
過去の問題が掘り返されてさらに関係が悪化していたから心配でした。

saekano_09-13.jpgsaekano_09-14.jpg

2人とも相手に謝罪を要求していたからもう最悪な事態になっていましたわ(汗)
英梨々は出海に嫉妬している事がはっきりと分かるくらいに本音をぶつけていたし、
倫也も英梨々の同人誌が出海以下だと酷評していたからもうドロドロ展開だ。
さすがにこのシーンは乙女ゲーを参考にしているとは思えませんよね(^ω^;)

「なる。・・・・・・私、あんたの一番になってやる。それまでは絶対に謝らない。」
「・・・・・・勝手にしろ。」
でも、2人が本音をぶつけあったお陰で仲直りのきっかけにはなりそうでした。
傍から見ている私には理解不能に感じるところでもあったわけですけどね(苦笑)
まぁこの2人は変わり者だから、一般的な仲直りとは異なる方法でもなければ
仲直り出来ないのだなぁって思っておくことにします(^ω^;)

saekano_09-15.jpgsaekano_09-16.jpg

とにもかくにも倫也のサークルに英梨々が復帰してくれていたので一安心かな。
めでたくサークル名も「blessing software」という名前に決定していましたので、
いよいよ冬コミに向けて準備が整ってきたといった感じでした。
ただ、このサークル名だと「恵」をメインにしたサークルの意味になるみたいで、
倫也の中ではまだ恵が一番のヒロインといった認識なのでしょう。
英梨々の恋の悩みはまだまだ続きそうだ(^ω^)

saekano_09-17.jpgsaekano_09-18.jpg

最後に英梨々は出海に宣戦布告のイラスト色紙を送っていたからやります(苦笑)
今は同じ幼なじみポジションでもあり、同人作家でもある出海にターゲットを
絞っていく構えなのかもしれませんね。
とにかく英梨々が倫也の一番になるためにはまだ幾つもの大きなハードルを
越えて行かなくちゃいけないからとても大変だと思います。

saekano_09-19.jpg

英梨々の下着姿♪(^ω^)
巨乳キャラが多い中で彼女は頑張っていると思う。
関連記事
冴えない彼女の育てかた