05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

こみっくパーティー 第10話 「二人の距離」

2016年03月30日
comicparty_10-01.jpgcomicparty_10-02.jpg
(C)2001 AQUAPLUS/ケイエスエス

和樹達が学園祭で喫茶店をするお話です。
comicparty_10-03.jpgcomicparty_10-04a.jpg

和樹達のクラスで学園祭についての会議をしているところから始まります。
彼らは3年生だから学園祭には自由参加ということになっていたのですが、
大志からの熱い提案によって喫茶店をすることに決定しておりました。
まぁ良い思い出作りにはなるから何かやった方が楽しそうですよね。
ただ和樹は瑞希からの推薦によって実行責任者を任されることになったので、
面倒な役目を押し付けられたなぁっといった感じですわ。
とりあえず和樹と瑞希の関係は冷えてきているので、この学園祭によって
関係を改善するチャンスがあることを期待したいところです。

comicparty_10-05.jpgcomicparty_10-06.jpg

さっそく由宇を中心にして学園祭の準備に取り掛かっていました。
同人活動も大志が最初に言い出して、あとは由宇が教えていましたので、
この学園祭の準備も全く同じパターンになっているなぁって思いましたよ。
ここは提案者の大志も手伝わなくちゃいけないのにどこに行ったんだろう?w
本当に彼は某シャイニング社長みたいに神出鬼没だよ(^ω^)

あと、文化祭の準備というのは同人誌制作と通じるものがありそうでしたね。
由宇の「屋台の焼きそば式トラップ」とかもなかなか納得するアイデアでしたよ。
さすが売れっ子の同人作家だけあって人々を引き付けるノウハウは持ってますわ。

comicparty_10-07.jpgcomicparty_10-08.jpg

和樹は忙しいながらも何とか皆の意見を取り入れて準備を進めていました。
次第に周囲のクラスメイト達も手伝うようになってくれたのは嬉しいでしょうね。
それと和樹と瑞希が少しずつ打ち解けてきていたので良かったです。
この学園祭が2人の関係にも良い影響をもたらしてくれそうでした。

comicparty_10-09.jpgcomicparty_10-10.jpg

由宇が看板をまだ作っていないことに気づいて駆け込んできていました。
喫茶店をやっている事を宣伝しなければ誰も来てくれないから大変です。
そこで和樹が気が進まないながらも何とか絵を描いていたから偉いです。
まだ同人活動のトラウマが残っているために絵を描くのを躊躇っていたのですが、
徐々にそれを克服していってくれそうな期待感も表れてきていたかな。
瑞希もこの準備活動が和樹を立ち直らせるきっかけを与えてくれると思ったから、
わざわざ和樹を準備の責任者に推薦していたんだと思います。

comicparty_10-11.jpgcomicparty_10-12.jpg

準備が全て整って学園祭当日を迎えることになります。
和樹が準備責任者なのに由宇が仕切っているように見えますわ(笑)
彼女は転校生だったのですけど、もうすっかりクラスに馴染んでいる感じがします。
これも関西人っぽい人懐っこい性格の賜物でしょうか。

あと、桜井あさひというアイドル声優のミニライブなんかも催されていました。
もちろん彼女を呼んできたのは大志ということなのでしょう。
大志って和樹に仕事を押し付けて自分のやりたい事をやっている感じがする(苦笑)
ちなみにここで流れる挿入歌は、桜井あさひが歌う「恋わずらい」です。

comicparty_10-13.jpgcomicparty_10-14.jpg

和樹のクラスの喫茶店にも続々とお客さんが訪れてくれていました。
あの詠美をはじめ、他にも多くの知り合いが来てくれたので賑やかでしたわ。
もし和樹が即興で描いたイラストやチラシを見て来てくれているとするなら、
彼のイラストにも人々を引き付ける力がある可能性もありそうですよね。
これで彼も少しは自信を取り戻してくれそうな期待が持てました。
やっぱり彼は売上とかに走るのではなく、自分の描きたいものを描いた方が
合っているかもしれません。

comicparty_10-15.jpgcomicparty_10-16.jpg

郁美も和樹が以前のような素敵なイラストを描いてくれたので喜んでいました。
こみっくパーティーの時は和樹の良さの消えた絵を見て悲しく感じていましたが、
また最初の頃の魂の篭った絵に戻ってくれたので嬉しかったのでしょうね。
こういうイラストが描けるようになっているので、もういつでも和樹は同人活動に
復帰できそうな感じもします。

あと、最後の後夜祭の時に瑞希が和樹に何かを伝えようとしていましたけど、
あの雰囲気を見ると間違いなく告白をしようとしていたと思います。
ただ、由宇が邪魔するように割り込んできたから何とも言えないですわ(苦笑)
三角関係に発展するとすれば由宇が加わってくることしか考えられませんが、
この様子を見る限りではただのお邪魔虫的な立場に留まりそうかな(^ω^)
とにもかくにも和樹と瑞希の関係がどのように変わっていくのかも注目でした。

comicparty_10-17.jpg

由宇に喫茶店の衣装を試着させられる瑞希♪
この作品的にアキバ系のメイド服っぽいものを想像したのですが、
このような女中さん風エプロン姿の方が逆に新鮮味がありそう。

comicparty_10-18.jpg

次は桜井あさひの繋ぎキャプ♪
この第1期ではこのシーンのほんの一瞬だけしか登場しなかったのですが、
たしか第2期の「Revolution」ではもう少し目立って登場していたと思います。

comicparty_10-19.jpg

和樹が描いた立て看板のイラスト♪
急いで描いてもこんなに素敵な絵が描けるのだから凄いです。
これだけの画力があれば別に人気ジャンルに固執しようとしなくても
十分に人々を惹きつけるだけの才能があると思いますわ。
関連記事
こみっくパーティー