05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

烈火の炎 第25話 「衝撃!!電光石火の決着!!」

2016年04月06日
recca_25-01.jpgrecca_25-02.jpg
(C)安西信行/小学館・フジテレビ・ぴえろ 1997

麗(幻)チームが裏切り者の小金井を倒しにかかる!
recca_25-03.jpgrecca_25-04.jpg

チーム火影は二回戦でチーム麗(幻)と戦うことになりました。
そこで先鋒戦では助っ人として小金井獅獣と対戦することになります。
ただこの獅獣は幻獣朗の心霊医術によってライオンの遺伝子を組み込まれた
キメラになっているので、もう完全に獣人のような姿になっていましたわ。
小金井の鋼金暗器による攻撃も簡単に避けられていたりしていたので、
大きい体の割には俊敏な動きをする相手だと思います。
小金井は獅獣に鋼金暗器を天井に放り捨てられてしまったので、はたして
素手の状態で戦えるのかどうか気になる形で始まっています。

recca_25-05.jpgrecca_25-06.jpg

麗(幻)陣営としては小金井が裏切ったので粛清する気満々です。
紅麗も小金井を最高の舞台で傷めつけてから殺すのを楽しんでいる感じかな。
ただ、傍に仕える雷覇という人物は以前に小金井を逃がそうとしていたから、
彼は紅麗陣営の中でもそんなに悪そうな人には見えませんね。

一方の小金井は柳さんのためにチーム火影に加わって参戦したわけですけど、
紅麗が柳さんに酷い仕打ちをするのが本心なのかを確かめる意味もあるみたい。
彼にとっては兄のように慕っていた紅麗が悪者だと信じられないのでしょうね。
確かに2人の過去のやり取りを見ていると親しさがある感じがします。
ある意味、紅麗は仲間を集めるのが上手いといったところがありますわ。

recca_25-07.jpgrecca_25-08.jpg

ある程度時間が経つと、獅獣はさらに鋭い牙が発達してパワーアップしていました。
もうここまで来ると人間同士の戦いというよりも、人間と猛獣の戦いに見えます。
普通のライオンでも素手で戦って勝てる相手じゃないのに、こんな猛獣相手に
戦ったとしても勝てるとは思えません。
そういうわけで小金井はずっと逃げまわるのがやっとでしたわ。

recca_25-09.jpgrecca_25-10.jpg

「ここからが本番だ!」
小金井が獅獣の攻撃を受けて上空にふっ飛ばされたのは逆に運が良かった。
お陰で天井に突き刺さっていた鋼金暗器を拾うことができたわけですからね。
あとは武器を色々と変形させながら倒すだけになっていました。
彼は何といってもこの鋼金暗器を持つだけで強くなれるのが特徴なのかも。
鋼金暗器を上手く扱うためには変形させる能力の高さが要求されるらしいので、
それがルービックキューブを得意としている彼の才能に合っていたのでしょう。
とにかく、チーム火影には心強い味方ができたのは間違いありません。

recca_25-11.jpgrecca_25-12.jpg

その頃の風子と土門はまだ落とし穴の中で水責めをされたままでしたけど、
そんな危機的な状況で土門が風子にキスを求めてくるから呆れますわ(笑)
とりあえず2人ともギリギリのところで雷覇が助けてくれたから良かったです(^ω^)
紅麗としては小金井がチーム火影に加入しやすいように仕向けたみたいです。
あくまで小金井を試合の中で殺そうという考えなのでしょうね。

あと、雷覇が自分の持つ魔導具の雷神と風子の持つ風神が戦う運命にあると
言っていたのがちょっと気になるかな。
いずれは2人が直接戦うようなことがある予感をさせていました。

recca_25-13.jpgrecca_25-14.jpg

「久しぶりだな。小金井。」
「え?お前は・・・・・・木蓮!?」
幻獣朗からの提案により次鋒戦からは勝ち抜き戦にルール変更です。
そこで麗(幻)チームから次に送り出されてきたのがXという人物でしたが、
これは仮の姿でその正体は木蓮だったのが驚きでしょうね。
どうやら烈火の炎で丸焼きにされても生き残れたみたいですわ。
こういう悪役ってあっさり退場させられるのが定番なのですけどね。
彼は結構しぶといところがあるなぁって思います。

recca_25-15.jpgrecca_25-16.jpg

「死ね!小金井!人面樹となったこの体に全てを吸われてな!」
木蓮は小金井とは元パートナーだから引き分けにしようと持ちかけましたが、
これは小金井を油断させて攻撃するための罠だったので酷い奴だよ。
まぁ元々性根の腐った性格をしていたから小金井の情に訴えるような事を
本気で言うわけがないかな。
でも、女性を殺傷するのを趣味としていた割には男の子の小金井を殺す事に
嬉しさを感じていそうだから、そういう点ではちょっと変わったのかもね?(^ω^;)
とにかく木蓮は巨大な人面樹に変化してさらに凶悪になっていました。
小金井が捕まったままの状態で次回に続きます。
関連記事
烈火の炎