07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Dance with Devils 第10話 「欲望と偽りのタランテラ」

2015年12月11日
dancewithdevils_10-01.jpgdancewithdevils_10-02.jpg
(C)グリモワール編纂室/Dance with Devils製作委員会

リツカにジェキが接触してくるお話です。
dancewithdevils_10-03.jpgdancewithdevils_10-04.jpg

リツカが戦いで負傷したリンドの看病をしてあげているシーンから始まります。
回想では幼い頃からリンドはいつもリツカのことを守ってあげていたみたいだ。
もうこの頃から2人はずっと本当の兄妹のように接して過ごしていたのでしょう。
だからリツカがリンドとは非血縁の関係であることを知ると、これまでの2人の
絆の深さなどもあって恋心が芽生えてくる可能性だってありそうですよね。
リツカとリンドとレムの三角関係がこれからどう展開されるのか気になります。

dancewithdevils_10-05.jpgdancewithdevils_10-06.jpg

レムが屋上で佇んでいるとウリエ、メィジ、シキの3人がクレームをつけに来ます。
3人からすれば嘘のグリモワールを在り処を教えられるし、吸血鬼達とわざわざ
戦わされたようなものだから文句の一つも言いたくなるでしょうね。
もうこの生徒会には仲間意識というものがないのは間違いない(苦笑)
この点では悪魔側よりもまとまって行動する吸血鬼側が優れてると思う。
この後、リツカの所有権を言い争っていたのですけど、リツカの気持ちなんて
全く考えてなさそうだから困った人たちだよ(^ω^;)

dancewithdevils_10-07.jpgdancewithdevils_10-08.jpg

今回の挿入歌は、ウリエメィジシキが歌う「EMOLIAR」です。
3人組がレムにリツカの事をどう思っているのか問いただすようなイメージです。
普段は3バカトリオっぽくなっているけど、このミュージカルのシーンだけなら
ちょっとカッコ良く見えてきます(^ω^)

dancewithdevils_10-09.jpgdancewithdevils_10-10.jpg

今回はリツカの前に妖艶なヴァンパイアのジェキが現れたのがポイントです。
今までのヴァンパイアは力ずくで迫ってきていたので、今回のジェキがリツカに
話しかけてくるというパターンは珍しい感じがします。
リツカとしては彼が母親を守っていると言われたら付いて行くしかないでしょうね。
とりあえず、彼もちょっと変わったところがありそうな印象を持ちましたわ(^ω^)
あのお化粧を見るとビジュアル系バンドでもやっていそうな感じがする。

dancewithdevils_10-11.jpgdancewithdevils_10-12.jpg

リツカはジェキから自分の誕生の秘密を打ち明けられてショックを受けます。
さすがに自分の父親が悪魔の王だと聞かされたら驚くのも無理はないかな。
リンドと血縁関係でなかったことだけでも衝撃的なのに、その上に自分が
悪魔の子供だと言われたら何が何やら分からなくて混乱しそうかもね。
でも、リツカは今まで不可解な数々の事件が身の回りに起こっていた理由が、
自分の悪魔の血に関係があると分かったので逆に霧が晴れた気分らしい。

dancewithdevils_10-13.jpgdancewithdevils_10-14.jpg

とりあえず、リツカはお母さんが意識を少し取り戻したので一安心ですね。
あと、ジェキがヴァンパイアの王のネスタ様の存在を打ち明けてくれますが、
どうやらその人物ならリツカからグリモワールを取り出せるみたいです。
魔王マキシスとは敵対関係にある吸血鬼といったところでしょうか?
リツカとしてはもうお母さんを危険な目にあわせたくないわけですから、
取り除けるのなら取り除いてもらいたいと思うでしょうね。
でも、以前にグリモワールを取り出せば死を意味すると言われていたので、
はたして無事にグリモワールを取り出してもらえるのかが気になるところ。

dancewithdevils_10-15.jpgdancewithdevils_10-16.jpg

最後にリツカはジェキの誘いに乗ってネスタの居城へ向かう決意をします。
レムやリンドもリツカを探しに動き始めるし、ローエンもまた何か企んでいそうだ。
赤く輝く満月が何やら良からぬ前触れを感じさせるので不安でしたね。
次回はヴァンパイアの城で何が行われるのか楽しみです。
関連記事
Dance with Devils | トラックバック(0)