07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

烈火の炎 第05話 「影の忍軍 火影の謎!!」

2016年01月17日
recca_05-01.jpgrecca_05-02.jpg
(C)安西信行/小学館・フジテレビ・ぴえろ 1997

烈火達の前に魔導具を持った男子中学生が現れる!
recca_05-03.jpgrecca_05-04.jpg

風子が新聞を持って教室に駆け込んでくるところから始まります。
前回、烈火と水鏡の戦いで破壊された遊園地の記事が載っていたのですが、
ただの爆発事故として処理されていたので不思議がっていました。
まぁ普通の人間の力であそこまで破壊できるとは考えにくいから仕方ないけど、
ただこんなにもあっさりと事故扱いされるのもしっくりこないのでしょうね。
でも事件化されないお陰で烈火達が犯人にされないのだから良かったと思う。

そして、今回は立迫文夫先生が歴史の教師として臨時に赴任してきます。
オヤジギャグを言う面白い先生で、忍者に関する知識なんかも豊富でした。
火影について調べたい烈火としてはぜひ話を伺いたい相手になりますね。
そういうわけで今回は影法師が話していた火影忍軍についてどれだけ
語られるのかが1つのポイントになっていました。

recca_05-05.jpgrecca_05-06.jpg

烈火達は立迫先生のお寺の家に招かれます。
さすが忍者オタクの先生だけあって部屋の中には忍者関連グッズがいっぱいだ。
忍者に憧れる烈火にとっては素敵な先生に巡り会えたといったところでしょうか。
火影忍軍のことも知っていたので、これは貴重な話が聞けそうな感じでした。

奥さんの方は旦那さんの忍者グッズ集めに一応理解を示しているみたいです。
あと奥さんは柳さんが烈火に好意を寄せていることに気づいているようだったので、
さすがに結婚を経験している大人の女性だと見受けられます。
オドオドして顔を真赤にする柳さんが可愛い♪
これはもう烈火が好きなのは明らかですね(^ω^)

recca_05-07.jpgrecca_05-08.jpg

「火影忍軍は歴史の記述にもほとんど姿を現していない幻の忍軍。
いわば忍びの中の忍びだ。」

立迫先生は烈火に火影忍軍について説明していました。
どうやら一般的な忍者よりもさらに隠密的な組織として活動していたみたい。
そして何と言っても「魔道具」を作るほどの頭脳の高さと技術力を持っているのが
大きな特徴らしい。
実際に先生の持つ古文書に風子の風神や水鏡の閻水が描かれていたので、
影法師の話す内容がかなり真実味を帯びてきていました。
そうなると烈火も400年前から時空を超えて来た話も本当に感じられますね。

recca_05-09.jpgrecca_05-10.jpg

今回新たに登場するキャラは小金井薫という少年っぽい感じの子です。
ちょっとお茶目な性格をしているのかなぁって思ったのですけど、柳さんを
拉致するためにやって来たと言っているので不審者なのは確実でした。
あと、小金井が魔道具の鋼金暗器を持っているのが気になるところ。
今までのパターンから影法師がまた裏から手を回しているのではないかと
まず疑ってしまうところだったと思います。

recca_05-11.jpgrecca_05-12.jpg

「へぇ~。兄ちゃんもなかなかやるじゃん。でも俺には止まって見えるよ。」
後半は烈火と小金井のバトルが描かれます!
このジャンルの作品では毎回バトルが描かれているのが良いところかな。
小金井は烈火の攻撃を軽い身のこなしで避けていたのでスピードはありそう。
とりあえず小金井は無邪気な少年といった感じがします(^ω^)

recca_05-13.jpgrecca_05-14.jpg

「いやぁぁぁーーーーーーー!!!!」
「もっと泣け♪もっと叫べ♪女の悲鳴ほど気持ち良いものはねぇぜ♪」
さらに烈火の動きを封じた上に柳さんと奥さんに襲いかかる男が登場します。
彼の名前は永井木蓮。彼もまた魔導具を扱います。
体から植物のような根をいっぱい出して攻撃してくるから厄介な相手です。
セリフからも分かるように弱い女性を傷めつけるのが趣味の最悪な人物ですわ(汗)
今回は魔導具を持った敵が2人も登場したので1人で戦うのは不利な状況でした。

recca_05-15.jpgrecca_05-16.jpg

「土門!」
「俺の風子に何するんじゃあーーー!!!」
もちろん風子も女性なので真っ先に狙われていたわけですけど、この時に
土門が風子を守ろうとしていたのは注目だったかも。
こういうセリフを言うからには彼が風子を好きなのはほぼ間違いないですよね♪
あとは木蓮にふっ飛ばされなかったらもっとカッコ良かったはず(^ω^;)

recca_05-17.jpgrecca_05-18.jpg

「じゃあねぇ♪兄ちゃん♪」
「・・・・・・何てこった。俺がこんなに近くにいながら姫が連れ去られるのを黙って
見送るだけなんて。くそぉ!そんな事が・・・あって・・・たまるかぁぁぁーーー!!」

烈火は自分の腕に忍具を突き刺す事で体の麻痺を解いていました。
そして一時的に柳さんを救い出していたのは良かったのですけど、再び
小金井に倒されてしまって結局柳さんは連れ去られてしまうことに・・・・・・(汗)
とにかく彼らがなぜ柳さんを連れ去ろうとするのかが気になるところですね。
裏で何かを企んでいる組織の動きも見えていたから、柳さんがこれから
どんな危険な目に遭うのかとても心配です。

烈火って姫を守る忍者になろうとしている割には毎回彼女を災難に
巻き込んじゃっているような気がします・・・・・・(苦笑)
治癒魔法においても彼女の血を使わせたりもしていたし、敵との戦いごとに
彼女に苦労をかけているように見えなくもないです。
まだ姫が忍者を守る形になっているような印象もありますわ(^ω^;)
とにかく姫を守る忍者なら柳さんを救い出しに行かなくてはいかないですね。

recca_05-19.jpgrecca_05-20.jpg

最後にデフォルメ風な可愛い柳さん♪
この子はやや天然なお嬢様といった感じがします(^ω^)
関連記事
烈火の炎