07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

烈火の炎 第04話 「鏡の迷宮 決死の火炎!!」

2016年01月13日
recca_04-01.jpgrecca_04-02.jpg
(C)安西信行/小学館・フジテレビ・ぴえろ 1997

烈火と水鏡のリターンマッチ!
recca_04-03.jpgrecca_04-04.jpg

「花菱。命拾いしたな。今日は身を引こう。だが勘違いするなよ。
必ずお前の化けの皮を剥いでやる。」

烈火と水鏡の戦いは柳さんが割り込んだ事で一時停戦ということになりました。
ただ、水鏡はまだ烈火が姉を殺した犯人の関係者だと思い込んだままなので、
いずれはまた烈火を尋問しに襲いかかってくることが予想されますね。
一方の烈火は初めて戦いに負けたのですごく落ち込んでいましたわ。
今まで土門にも風子にも負けたことがなかっただけでも凄い事だと思うのですが、
それゆえに初の敗北を完敗という形で味わった事がよほどショックなのでしょう。
そんな烈火を柳さんをはじめ風子や土門も心配してあげていたのが良いですね。
最初は仲が悪いのかなぁって思っていたけど、結構親しい関係のようですわ。
ケンカ仲間という表現がピッタリ当てはまると思います。

recca_04-05.jpgrecca_04-06.jpg

柳さんの発案で気分転換に皆で遊園地に遊びに行っていました。
土門はあまり激しいアトラクションは苦手っぽいです。
何だか男性陣よりも女性陣の方がたくましく見えますわ(^ω^)
初回から高校生活とはかけ離れた展開ばかりが続いていましたけど、
この遊園地でようやく高校生らしい一面が見られたような気がします。

あと、土門が風子と遊園地に行ける事を喜ぶような描写がありましたので、
土門が密かに風子に思いを寄せているのは間違いなさそうだよ。
だから以前に怪我をするのを覚悟で風子を助けようとしたりしたのも頷けます。

recca_04-07.jpgrecca_04-08b.jpg

「もう2度と迷わねぇ。この花菱烈火。どんな事があろうと姫を守っていく。」
水鏡が柳さんに接触して烈火をミラーハウスの中におびき寄せます。
彼の様子を見る限りでは柳さんに危害を加えるつもりはなさそうでした。
まぁ自分の姉に似ている女性を傷つけるなんてことはしないかな。

あと烈火が柳さんを助けに来たのですけど、姫を守る忍者になると決めたので、
初めての敗北くらいで落ち込んではいられないということなのでしょう。
これは水鏡が柳さんを連れ回してくれたお陰とも言うべきかも。
とにかく後半には早くも烈火と水鏡のリターンマッチが行われます!

recca_04-09.jpgrecca_04-10.jpg

まず烈火が炎を3つに分裂させて攻撃を仕掛けていました。
このシーンからも彼が炎の扱い方に慣れてきていることが伺えます。
ただ威力が大きすぎて柳さんを危険な目に遭わしかけていたのは良くない。
まだ彼女の身を案じて離れるように言っていた水鏡の方が気遣いが上手いよ。
とりあえず烈火が身を呈して助けていたけど痛そうでしたね(笑)
まぁ最低限の姫を守る忍者にはなっていたと思います(^ω^)

recca_04-11.jpgrecca_04-12.jpg

「鏡と本物の区別もつかないようだな。」
水鏡はスプリンクラーの水から剣を作り出して烈火を攻撃していました。
烈火は鏡に映った水鏡を攻撃してしまって本物との区別がついてなかったです。
割れた鏡によって余計に傷つくだけでしたので少々困惑してましたわ。
鏡に映った水鏡・・・・・・駄洒落っぽくなっているから私も少し混乱する(^ω^;)
とりあえず、これだけミラーハウスを壊すと修理が大変だろうねぇ(苦笑)

この後、風子と土門が駆けつけて烈火の代わりに戦おうとしますが、
影法師が2人の影を固定させるように身動きを封じていました。
彼女も色んな術を使えるといった感じで強そうですね。

recca_04-13.jpgrecca_04-14.jpg

「勝負だ!水鏡ぃーーーっ!!!」
花火玉が少なくなった烈火は残り2回しか使えない炎で勝負をかけます。
そこで1回目の炎で周囲の鏡を破壊することで本物の水鏡の姿を見定めました。
これは映画「燃えよドラゴン」ブルース・リーが似た事をやっていたと思う(^ω^)

さらに烈火は奇襲をかけるように頭上から飛びかかろうとしていましたけど、
水鏡がとっさに気づいて一撃を突き刺していました。
これはさすがに勝負あったかなぁって一瞬思いましたわ。
でも水鏡が貫いたのは鏡に映った烈火だったので上手い作戦でしたよ。
烈火って意外に機転を利かせた戦い方が出来るんだなぁって思いました。

recca_04-15.jpgrecca_04-16.jpg

「水鏡。お前、火は水で消えるって言ったよな。でもよ、答えはもう1つあるぜ。
蒸発!火が水を消すんだよ!!」

「閻水が!?」
烈火は残りの火薬玉を使って最後の火炎の攻撃を試みていました。
前回は水鏡の水の剣で消されてしまった炎でしたけど、今回の炎は
逆に水を蒸発させるほどまで威力が増していた
のがポイントですね。
さすがに水の剣でも水を弱体化されては太刀打ち出来ないみたいだ。
そういうわけで最後は烈火がリベンジを果たしていました。

recca_04-17.jpgrecca_04-18.jpg

「今のあなた方では狂気の炎術士にはまだ敵わない。だからここにいる全員が
手を組む必要があるのよ。」

影法師が皆の力を高めるために戦うように仕向けていた事を打ち明けていました。
彼女の話ではさらにもっと強い敵が現れる事を示唆しているから気になりますね。
それに謎の組織が柳さんの治癒能力に目を付けていたのも心配だし、これからが
本格的に物語が展開していくといった感じがします。
あと、最後に影法師が烈火の事を息子だと呟いていたのも注目ポイントでした。
そうなると烈火達の敵というわけではないのかもしれませんね。
それが本当なら今まで悪者のような表情を出していたから演技が上手いと思う。
少しずつ影法師の謎についても明らかにされるのを期待したいところでした。

そういうわけで今回は烈火と水鏡の決着がついたわけですけど、まだ2人は
完全に和解したという形になっていないので今後も一悶着ありそうですね(^ω^)
関連記事
烈火の炎