08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ 第05話 「Code:T.V.U」

2016年07月09日
utapuri3_05-01.jpgutapuri3_05-02.jpg
(C)UTA☆PRI-R PROJECT

レンくんと翔くんとセシルくんがCMのプロデュースをするお話です。
utapuri3_05-03.jpgutapuri3_05-04.jpg

今回はクロスユニット第2弾としてレンくんと翔くんとセシルくんの3人が選ばれます。
早乙女社長からスマートフォンのCMへの出演のお仕事を伝えられたわけですけど、
CMのプロデュースもやる事になっているので気合が入るというものですね。
もちろん良い曲を作って歌えばCM効果によって彼らの人気はもっと高まるでしょうし、
SSSの選考ライブへのエントリーにも道が開けてくるから重要なお仕事になります。
春歌を含めた3人がどのようなCMを作るのかが楽しみでした。

utapuri3_05-05.jpgutapuri3_05-06.jpg

まずは3人がそれぞれ意見を出し合ってどのようなCMを作るのか決めようとします。
そこでレンくんの場合は情熱的なフラメンコみたいなものをイメージしてるみたいだ。
スマフォの高音質の特徴から熱い情熱を声で伝えられるという発想はお見事です。
やっぱり女性を口説く事に慣れているだけあると思いました(^ω^)

utapuri3_05-07.jpgutapuri3_05-08.jpg

翔くんはスマートフォンの頑丈さをアピールするために力強い英雄をイメージ。
まぁこれも彼の好みが全面に押し出された意見となっていましたね(笑)
でも3人の鎧姿も結構お似合いでしたので、このCMでボツになったとしても
別の映画か何かで見てみたい気もします♪(*´ω`*)

utapuri3_05-09.jpgutapuri3_05-10.jpg

セシルくんは気品溢れるデザインから優雅なプリンスを演じるCMをご希望です。
彼の場合は地で演じられるからいいのかもしれません。
とりあえず歌のプリンスというタイトルコールもあったので良しとしましょう(^ω^)
春歌としてはこうも意見が食い違うと作曲するのが大変でしょうね(笑)

utapuri3_05-11.jpgutapuri3_05-12.jpg

3人が意見をすり合わせるのかと思ったら、我を通してぶつかり合ってましたわ。
これを見るとクロスユニットとしては失敗な感じがしますよね(苦笑)
まぁST☆RISHの皆は我が道を行くタイプだから誰と誰がユニットを組んだとしても、
こういう意見のぶつかり合いは起こりやすいかもしれませんけどね(^ω^)
音也くん達が心配そうに眺めていたし、この後でフォローもしてあげていましたが、
それでも3人は自分の主張を変えないので困ったものでした。
良い意味では3人がそれほど真剣に仕事に向き合っている証拠でもあるかな。

あとQUARTET NIGHTの先輩達も意見をぶつけ合って成長してきたみたいです。
この4人の方が全く意見が合いそうにないから、それに比べたらまだレンくんと
翔くんとセシルくんの3人はまとまる可能性がある感じもしますわ(^ω^)
とりあえず嶺二先輩がイジられキャラになってて可哀想だったなぁ(笑)

utapuri3_05-13.jpgutapuri3_05-14.jpg

3人の話を聞いていると徹底的に自分の意見を押し通そうとしているわけじゃなく、
ある程度は他の人の意見も尊重している事を明かしてくれていました。
どうやら男の人は大人になると意地っ張りになりやすいみたいです。
こうなると春歌が何とか3人の橋渡し役をしてあげるしかないでしょうね。
乙女向けアニメのヒロインの一番の腕の見せどころと言ってもいいでしょう。

utapuri3_05-15.jpgutapuri3_05-16.jpg

春歌が作った曲に3人それぞれの思いを繋ぎ合わせたのは素晴らしい♪
何も1つに絞り込んで選ばなくても混ぜちゃえばいいですもんね。
それにCMに合わせるようにスマートフォンで伝え合う演出も良かったと思う。
離ればなれになっていた3人が繋がろうとする距離感を上手く表現していました。

utapuri3_05-17.jpgutapuri3_05-18.jpg

最後はもちろんレンくんと翔くんとセシルくんの3人によるCMソングが描かれてました♪
セシルくんの希望した優雅さのイメージが未来的なプリンセスっぽい感じだったので
分かりにくいところがありましたけど、全体として上手くまとまったCMだと思います。

ST☆RISHで一堂に会する時は各個人の色が薄くなりがちになってしまいますけど、
こういうクロスユニットならまだそれぞれの個性を出せるのが強みだと思います。
今回の問題は他のクロスユニット同士の間でも起こりやすいものだと思いますので、
今後ST☆RISHとしてまとまっていく上でも重要なエピソードのような気がしました。
関連記事
マジLOVEレボリューションズ