07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

神風怪盗ジャンヌ 第33話 「嘘つきシンドバッド!!」

2015年10月08日
janne_33-01.jpgjanne_33-02.jpg
(C)種村有菜/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

まろんと稚空が教会で結婚式を挙げるお話です。
janne_33-03.jpgjanne_33-04.jpg

まろん達が課外授業で教会の掃除のボランティア活動をするところから始まります。
男子は庭掃除で女子は教会内の掃除というふうに分担して行われていました。
教会といえば大きなパイプオルガンが置かれてあったりして、高校生達にとっては
キリスト教徒でもなければ物珍しく感じる場所かもしれませんね。
それに女の子だとウェディングドレスを着て結婚式を挙げる事も夢見そうです♪
都の反応を見ると意外にも結婚願望が強いんだなぁって思いました(笑)
あと稚空が将来まろんとここに来るとさり気なくプロポーズしていたから流石です。
まだまだ女性を口説くテクニックは錆びついていないようですわ(^ω^)

janne_33-05.jpgjanne_33-06.jpg

ミストがまたキャンディを使って教会のパイプオルガンに悪魔を宿らせていました。
当然の事ながら今回は教会のシスターさんが悪魔化の被害者になります。
まろんは紫界堂先生に悩み事を相談するくらい慕っている感じがします。
学校の先生だから信頼しているというのもあるのでしょうね。
まぁ担任のパッキャラマオ先生よりも相談しやすいというのもあると思うけど・・・(^ω^)
あと稚空が紫界堂先生に嫉妬していたのが見逃せません。
まろんの心は稚空に傾いているから焦る必要はないのですけど、稚空からすれば
彼女を先生に取られちゃうんじゃないかと思って不安なのかもしれませんわ。
とにかく今のまろんと稚空は紫界堂先生の正体に気づいていない状態です。

janne_33-07.jpgjanne_33-08.jpg

「俺はまろんが好きだ。出会った時からずっとそういう気持ちで見てきたし、
接してきたつもりだ。」

「また・・・そんなことを・・・・・・」
「まろんは俺のことを嫌いか?」
稚空は居ても立ってもいられなくてまろんに自分の気持を伝えていました。
やっぱり彼は壁ドン的に女の子に迫るのが似合っているかな♪(^ω^)
まろんは軽い性格の稚空だから本気ではないんじゃないかと思っていましたが、
彼からの真剣な告白を受けて素直に受け入れようとしていましたね。
ジャンヌの時を含めて今までにも2人のキスシーンが描かれていましたけど、
ここでは2回もキスシーンが描かれていたので本気度が伝わってきます。

janne_33-09.jpgjanne_33-10.jpg

教会内では生徒達がシスターの弾くパイプオルガンの演奏を聞いていたのですが、
紫界堂先生以外の皆は生気を吸い取られて危険な状態になります。
紫界堂先生ことノインはミストの仲間なのですけど、協力し合うというわけではなく
それぞれが自分の作戦を遂行しようとしている形になっているみたい。
あの2人って仲が良いのか悪いのかイマイチ掴みづらい関係に見えますわ。

janne_33-11.jpgjanne_33-12.jpg

紫界堂先生が神父役となってまろんと稚空の結婚式を挙行してあげていました。
まろんがすっかりその気になってとても嬉しそうにしていたのが印象的です。
それほど稚空のことを真剣に愛するようになっているのでしょう♪
稚空としては紫界堂先生に促される形というのは気に入らないみたいですけど、
ここはまろんのために我慢して誓いの返事をしてあげていましたね(^ω^)

janne_33-13.jpgjanne_33-14.jpg

「どきなさい!シンドバッド!魔王の手先の助けなんていらないって言ったでしょう!」
「どう思われようと構わない。お前は俺が守る!」
まろんは都達クラスの皆が体調を崩したのを知って悪魔の封印に向かいます。
ジャンヌはシンドバッドに助けてもらったけど今回もすぐに拒絶してました。
まだシンドバッドの事を悪魔の手先だと思い込んでいるのでしょう。
変身前と変身後で2人の関係が正反対になるのも面白いと思います。

janne_33-15.jpgjanne_33-16.jpg

紫界堂先生がまろんと稚空にクローバーの指輪を渡した真意が明らかになります。
ジャンヌはさすがにシンドバッドが稚空の指輪を持っていたら正体に気づくでしょうね。
極めつけはシンドバッドが「まろん!」と叫んだことで確信へと変わっていました。
せっかくまろんと稚空が結ばれたというのにこれではまた関係がこじれそう(汗)

janne_33-17.jpgjanne_33-18.jpg

「ま、待って!あなたは誰?」
「お前が知る必要はない。」
最後にジャンヌがシンドバッドの覆面を取って正体を確認していました。
好きになった人が嫌いな人だった事を知ってショックはさらに深まりそうですよね。
あと紫界堂先生があえてまろんと稚空の関係を壊そうとしているわけですけど、
ミストみたいに人間の生気を回収するだけならこんな手間はいらないはずなので、
彼の真の目的が何なのかも気になるところでした。
とにかく彼が今回初めて動きを見せてきたのでこれからは要注目です。
関連記事
神風怪盗ジャンヌ | トラックバック(0)