07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

神風怪盗ジャンヌ 第21話 「都、恋と友情を撃つ!」

2015年08月23日
janne_21-01.jpgjanne_21-02.jpg
(C)種村有菜/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

ジャンヌの正体がまろんだと都に疑われるお話です。
janne_21-03.jpgjanne_21-04.jpg

今回は都がジャンヌを追い詰めている夢を見ているシーンから始まっています。
夢にまで見てしまうくらいにジャンヌを逮捕する事に執念を燃やしているのでしょう。
ただその夢の中ではジャンヌの正体がまろんだと知って戸惑っていましたね。
これが夢だったから安心なのですけど、ただ彼女がこういう夢を見てしまうというのは
心の中では無意識にジャンヌとまろんが似ていると思っているのかもしれませんね。

janne_21-05.jpgjanne_21-06.jpg

朝、都はまろんを誘ってから学校に行こうとしていたのですが躊躇します。
昨晩の夢のこともあるし、まろんと稚空の仲も考えて遠慮している感じですね。
いつも積極的な彼女が遠慮するというのはとても珍しい事だと思います。
この様子を見ても普段の彼女とは違って見えました。

「昨日は・・・ありがと・・・・・・。」
「いいんだ。さぁ。俺達も行こう。」
一方、まろんと稚空との関係が一気に深まっている様子が見受けられます。
もうほとんど恋人同士になったも同然といった感じにも見えますわ。
そして陰から2人の様子を見つめる都が何だかとても切なさそうでした・・・・・・。

janne_21-07.jpgjanne_21-08.jpg

体育のバレーボールでは都のアタックがまろんの顔に当たってしまいます(汗)
都がまろんと稚空の関係に嫉妬して思わず力が入りすぎたように思えます。
それにまろんが稚空にお姫様抱っこで保健室に連れて行かれるところを見て
胸に少し突き刺さっていたような印象もありました。
少しずつ都の心が嫉妬心で暗く落ち込んでいる様子が見られますわ(汗)

保健室で稚空がまろんにプロポーズしているような冗談を言っていましたが、
それを立ち聞きしていた都が遮るように中に入っていったのも印象的です。
こういうところも稚空とまろんの間に割り込みたいという気持ちが表れてます。
今回は都の嫉妬している様子がとても分かりやすく描かれていると思います。

janne_21-09.jpgjanne_21-10.jpg

「怪盗ジャンヌ。もう逃げられないわよ。今日こそ正体を暴いてやるわ。」
ジャンヌが悪魔の封印に成功しますが、都から特殊塗料入りの水鉄砲を撃たれます。
しかもその特殊塗料は3日間は消すことが出来ないのでマズい状況でした。。
都は夢を見てからジャンヌの正体について気になっていたので、今回の作戦を
思いついたのでしょうね。

janne_21-11.jpgjanne_21-12.jpg

まろんは頬に絆創膏を貼って学校に行っていましたけど、さすがにクラスの皆は
ジャンヌの正体がまろんではないかと疑い始めております(汗)
こうなってくると都も親友とはいえまろんを疑わざるをえないでしょうね。
でも都は昔からまろんに助けられたりもしてきたので複雑な気持ちでもあるかな。
回想シーンを見ていてもまろんと都が強い友情の絆で結ばれるのも頷けましたわ。

janne_21-13.jpgjanne_21-14.jpg

「私はまろんを信じてる。まろん。絆創膏を剥がして。」
「え?」
「みんなに潔白を証明するのよ。」
都が潔白を証明するためにもまろんに絆創膏を剥がすように言っていました。
まろんがこの場をどう乗り切ろうとするのか私もハラハラ見ていましたよ。
あと、このシーンは過去の回想とは逆の立場として描かれてますね。
つまり都が心の中ではジャンヌの正体がまろんではないと信じている事を
示していたと思います。
この過去の回想シーンとの関連付けるシーンはなかなか上手い演出でした。

janne_21-15.jpgjanne_21-16.jpg

まろんはバレーによるケガをしていたお陰で何とか乗り切っていました。
フィンがずっとゴシゴシと塗料を拭きとっていたらしいからグッジョブだと思います(笑)
都はまろんを犯人だと疑うのではなく、まろんの潔白を証明するために絆創膏を
剥がさせた点に友情を大切にしている事がとても感じられました。
ただ、今回は正体がバレずに済んだのですけど、もし本当に正体がバレた時は
この友情が保てるのかどうかがとても心配になってきますわ。

janne_21-17.jpgjanne_21-18.jpg

「私、東大寺都は名古屋稚空が・・・す、好きです!名古屋稚空は東大寺都の
この気持を受け取ってくれますか?」

「ゴメン。」
「やっぱり・・・・・・。ううん。謝ることないよ。稚空。」
「でも嬉しいよ。」
最後に都が勇気を出して稚空に告白するシーンが描かれていました。
ここでもう告白シーンがあるとは思わなかったので急展開でした(汗)
でもいつまでもモヤモヤしたまま過ごすのではなく、ハッキリと決着をつけたいという
彼女らしさが表れているような感じはしました。
こういう竹を割ったような性格は良いですね!

「あーースッキリした!これでジャンヌ逮捕に全力を注げるわ!!」
残念ながら都はフラれてしまいましたけど、気分が晴れた雰囲気も感じられます。
でも去り際にはわずかに涙を零していたのは見逃せませんでしたけどね。
彼女にとっては辛い失恋になりましたけど、何とか前向きに頑張ってほしいかな。
私はこの作品の中では都のことがとても気に入っているので応援したくなります。
関連記事
神風怪盗ジャンヌ | トラックバック(0)