07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

放課後のプレアデス 第12話 「渚にて」(最終回)

2015年06月25日
pleiades_12-01.jpgpleiades_12-02.jpg
(C)GAINAX/放課後のプレアデス製作委員会

すばる達がそれぞれの未来の世界へと羽ばたいていくお話です。
pleiades_12-03.jpgpleiades_12-04.jpg

春の新アニメの最終回が続々と放送されておりますが、この「放課後のプレアデス」
今回でとうとう最終回を迎えることになりました。
最初はWebアニメとして発表された作品ということもあって魔法少女アニメの中では
そんなに知名度が高くはなかったと思うのですけど、このTVアニメ版を見てみると
温かみのあるような心地よさがあったのでとても気に入って見ていました。
私の記憶に残る魔法少女アニメになったのは間違いありません。


最終回はすばる達が遠い宇宙にまでやって来て最後のエンジンのカケラを集めます。
しかし最後のカケラがブラックホールに吸い込まれているというのだから大変でした。
さすがに最後だから回収レベルも最高難易度に設定されていますね(汗)

pleiades_12-05.jpgpleiades_12-06.jpg

「私はみなと君と一緒にいたい。私がみなと君を幸せにする!」
すばるとみなと君との関係もきっちりと決着をつけてくれたので大満足です♪
まるですばるが逆プロポーズでもしているように見えましたよ♪
それほどすばるにとってはみなと君は大切な存在になっているのでしょう♪
あと、いつきがあおいを目隠ししてあげたのはナイスフォローですね(笑)
すばるとあおいの百合っぽい関係も良かったのですけど、やはりこの作品では
男の子と結ばれる形になった方がすっきりとする感じがします(*´ω`*)

pleiades_12-07.jpgpleiades_12-08.jpg

「僕は君のアルデバランだ。」
最終回では会長さんがエルナトに変身した姿を見せてくれていました。
魔法少女アニメで男の子同士の抱擁シーンまで見られるとは思わなかったです(笑)
男女の恋愛あり、百合っぽい雰囲気あり、ショタなBLっぽいシーンもあったりと
色んなシチュエーションを楽しませてくれたのも良かったですよね?(^ω^)

pleiades_12-09.jpgpleiades_12-10.jpg

6人で6個のブラックホールを形成させて、宇宙空間にあるブラックホールの中から
最後のエンジンのカケラを引っ張り出そうとしていました。
何かいまいち理論的な意味がよく分かんなかったんですけどね(苦笑)
磁石みたいに引きつけようとしているのかなぁって思いながら見てましたよ。
最終回だから皆が一致団結してカケラを集め終えた演出は良かったです。

pleiades_12-11.jpgpleiades_12-12.jpg

会長さんは宇宙船が修復したので別の宇宙に向かおうとしていました。
未来の選択をやめたわけではなくて、別の宇宙にある希望に賭けるみたいです。
次に向かう宇宙の世界では良い移住先となる星が見つかればいいですよね。
そして、みなと君も会長さんの前向きな姿勢を見習っていってくれるでしょう。
「どんな姿になっても僕は君のプレアデス星人だ。」
ななこが会長さんとお別れする時にムギューっと抱きしめていたのも印象的です。
会長さんと初めて出会った人間でもあるし、会長さんの通訳も務めていたわけだから
とても愛着があったのも頷けます。
きっとななこが主人公だったらまた別の面白さがあったでしょうね。

pleiades_12-13.jpgpleiades_12-14.jpg

『私は私になる・・・・・・。』
すばる達は原初の世界でもある40億年前の地球に降り立ちます。
この世界からならありとあらゆる可能性のある人生を選んで過ごせるらしい。
すばる達がこの後でどんな人生を選ぼうとしているのか気になりますよね。
あと、皆がお別れするシーンはやっぱりとても悲しいものがありました。
元々5人が別々の世界に住んでいる設定になっているので、たとえ元の世界で
再会出来たとしても今の5人とは異なる可能性の方が高いですからね。

pleiades_12-15.jpgpleiades_12-16.jpg

「私、約束したよ。みなと君を幸せにするって。」
「だけど君の世界に僕の可能性は・・・・・・」
「それでも行くの。」
すばるはみなと君も同じ世界にいる未来を選んでいました。
最後の最後までこの2人は見せつけてくれますわ。
きっとすばるならみなと君の明るい希望を切り開いてくれるような気がします。

pleiades_12-17.jpgpleiades_12-18.jpg

すばるが心残りになっていたあおいとの関係も修復できそうになっていました。
これがすばるが過去を変えたかった第一目標だったので無事に達成です。
魔法少女として頑張ってきた甲斐がありましたね。
あおいとは別々の学校になってしまっていますけど、魔法少女のあおいとは
別人と思うのでこれはこれでいいかなぁって思います。
こういう点にも新しい未来を歩んでいる事が示されていた感じがします。

pleiades_12-19.jpgpleiades_12-20.jpg

そして最後にはひかるやいつきやななこらしき人物とも出会っていました。
魔法少女の頃の皆とは異なっているとは思うのですけど、これもまたすばるが
みんなと一緒に過ごしたいという希望が実現しているのかもしれません。
これからのすばる達がどんな未来を選んで生きていくのかは分かりませんが、
あまり後悔をしない幸せで充実した未来を歩んでいってほしいと思います。

pleiades_12-21.jpgpleiades_12-22.jpg

★総評★
最初から最後まで丁寧に作られていたし、綺麗なまとめ方をしてくれたと思います。
心にほんのりと染み渡ってくるような感動がいっぱいあったのも良かったです。
メインキャラ達も優しくて面白い子ばかりなのも好印象です。
彼女達を見ているだけでも何だかとても癒された気分になりました。
魔法少女アニメに宇宙規模の科学的要素を取り入れたりもして、この作品の独特さを
表現することにも成功していたのではないでしょうか。
それゆえに個人的には高く評価したい魔法少女アニメ作品の1つになりました。
関連記事
放課後のプレアデス | トラックバック(0)