07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

神風怪盗ジャンヌ 第15話 「遊園地の衝撃告白!」

2015年08月03日
janne_15-01.jpgjanne_15-02.jpg
(C)種村有菜/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

水無月君がまろん達を遊園地に誘うお話です。
janne_15-03.jpgjanne_15-04.jpg

「今度は場所もわきまえているつもりですよ。前と違ってね。」
「ちょっと冗談やめようよ。委員長・・・・・・。」
今回は水無月委員長がまたまた悪魔に魅入られてしまうお話になっています。
当然そうなるとメガネを外したイケメンに様変わりしちゃうということで、さっそく
まろんに対して壁ドンで強引にアプローチを仕掛けておりました(笑)
この作品は美少女変身アニメですけど、稚空や水無月くんまで変身するとなると、
美少年変身アニメと言ってもいいくらいかもしれませんね♪(*´ω`*)

「女の子口説くのも力づくなら、女の子助けるのも力づくでいいよな?委員長。」
「まぁいい。あなたはまろんさんには相応しくない。彼女に必要なのは僕だ。」
稚空が守ってくれたのですが、なぜかまろんは稚空に怒っていましたわ。
どうやら彼女は誰かに守ってもらうのはあまり好きじゃないみたいです。
特に稚空に守ってもらうのはとても嫌なのでしょうね(苦笑)
まぁジャンヌに変身した時はかなり強いから分からなくもないですけど・・・・・・。
とにもかくにも今回はまるで三角関係のような展開で始まっておりました。

janne_15-05.jpgjanne_15-06.jpg

まろんはもちろん水無月くんが悪魔の影響を受けている事に気づいているので、
早くターゲットとなる美術品を探して悪魔を封印しようと思っています。
でも彼の場合はもう少し積極的なところがあった方が良いような気がするから、
むしろ悪魔に魅入られている状態の方がマシのように思えなくもないです(笑)
とにかく彼が再度悪魔に導かれるということは彼の弱い精神にも原因がありそう。

あと、都が水無月くんから受け取った遊園地のチケットを持参していました。
ミエミエの罠ですけどまろんは堂々と立ち向かう決心をしております。
まぁいつもは怪盗ジャンヌとして予告状を出している立場だから、水無月くんからの
挑戦状を受けないというのは流儀に反するというのもありそうですね。
さらにもう1つ大きな理由があるのですが、それがこの後で明らかになってました(^ω^)

janne_15-07.jpgjanne_15-08.jpg

どうやらまろんは今までに一度も遊園地に行ったことがなかったようです。
だから罠だと分かっていても遊園地に行くのを楽しみにしていたというわけですね。
あと水無月くんがやって来るのですが、またいつもの弱々しい性格に戻ってます。
これは逆に警戒をしておきたくなる感じがしますよね(汗)
でもどんなグループデートになるのかちょっと楽しみでしたよ。

janne_15-09.jpgjanne_15-10.jpg

稚空がまろんにちょっかいを出すと都が怒っていたし、その都は稚空と2人きりで
お化け屋敷に入ったりしていたので三すくみのような三角関係になっています。
こうして見ると水無月くんはすっかりメインキャラのポジションに収まりそうだなぁって
感じがしてきます。ちょうど男女比のバランスもよくなりますもんね♪
でもそうなると4人の恋愛模様がどうなるのか複雑さも増してきそうかな(^ω^)

まろんがお化け屋敷に1人残された時に絵に宿った悪魔に襲われそうになります。
彼女は幼い頃に1人で寂しい夜を過ごしてきたので暗闇が苦手なのでしょうね。
その弱点を悪魔は上手く突いてきている感じがしました。
あと、水無月くんがわざと弱々しい性格を演じていた事も明らかになってました。

janne_15-11.jpgjanne_15-12.jpg

でも稚空がまろんの悲鳴を聞いてとっさに駆けつけてあげていたから素敵ですね!
それにまろんに理由を尋ねなかったのも良い気遣いになっているのかも。
ここは初めてまろんが稚空にときめいたシーンだったように思います。
まろんの稚空に対する印象が変わっていきそうな感じがしました。

janne_15-13.jpgjanne_15-14.jpg

「私・・・愛ってよく分からない。誰も教えてくれなかったもの・・・・・・」
まろんと稚空が観覧車の中で2人きりで会話するシーンは注目ポイントでした♪
両親のいない彼女は家族からの愛情というものを知らずに育ってきたために
人から愛される事や人を愛するというものを理解できていない感じがします。
だから稚空からアプローチをかけられても冷たい対応をしていたのかな?
でも稚空に両親のことを話すというのはそれなりに信頼を置いている感じもします。
今回はまろんと稚空の関係に明らかに変化が生じてきていました。
とにかく、まろんの両親が別居状態で海外にいるらしい・・・・・・(汗)

janne_15-15.jpgjanne_15-16.jpg

まろんがジャンヌに変身して絵に宿った悪魔を封印しようとしていました。
よくあの状況で観覧車から抜け出したなぁって思いますわ(苦笑)
でもまぁ稚空もシンドバッドに変身していたからお互い様にはなるけどね。

「悩んだって迷ったっていいんじゃない。でも逃げるんじゃなくて挑戦しようよ。
何事もやって出来ないことなんてないよ。ねぇシンドバッドさん。」

「ジャンヌ・・・・・・。」
「今回はしてやられたな・・・・・・。ジャンヌの言うことも一理あるぞ。お前。」
あとジャンヌが水無月くんを勇気づけるような事をアドバイスしていたのが良い。
水無月くんが変わらなければまたまた悪魔に魅入られる事もありますので、
ここでしっかりと釘を差しておこうという考えもあったように思います。
ジャンヌの言葉を受けて彼がどのように変わるのかが今後の楽しみです。

janne_15-17.jpgjanne_15-18.jpg

まろんと稚空はお互いに気づかれないように観覧車に戻っていたのが面白いです。
でも都からすれば2人がずっと観覧車にいたのだから気になるというものでしょうね。
あと稚空がまろんの微笑む姿にドキッとしていたのが印象的です♪
最初はジャンヌに近づくために好意を寄せるフリをしていたみたいですけど、これは
もしかすると本気でまろんに惚れてしまいそうな雰囲気に見えます。
今回は水無月くんだけじゃなく、稚空にも変化が見られたような感じがしました。
とにかくまろん達4人はまるで四角関係のようになってきたので、今後の男女関係が
どのように描かれていくのかとても楽しみになってきました。
関連記事
神風怪盗ジャンヌ | トラックバック(0)