07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

神風怪盗ジャンヌ 第03話 「包囲網!敵は全校生徒」

2015年06月21日
janne_03-01.jpgjanne_03-02.jpg
(C)種村有菜/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

悪魔に魅入られた先生がジャンヌの前に立ちはだかるお話です。
janne_03-03.jpgjanne_03-04.jpg

まろんや都をはじめとする新体操部員達が園芸をしているシーンから始まります。
パッキャラマオ先生は新体操は花の心を持って踊るものという考えを持っているので、
部員達に花に触れ合ってもらって新体操の演技に活かしてもらおうとしてました。
とりあえずこの先生はリコーダーがメガホン代わりになっているみたいだね~。
いつも持ち歩いているから変な先生だよ(^ω^)
あと稚空はまたまろんと都にアプローチをかけていたから面白いです。
本当に彼って女の子を口説き落とすのに慣れたナンパ師のように見えます(笑)
さすがのまろんも彼に可愛いと褒められて少しはときめいたのかもね?(^ω^)

janne_03-05.jpgjanne_03-06.jpg

「先生おかしいわ・・・・・・。」
「先生はいつだって変よ。」
今回はパッキャラマオ先生が花瓶に取り憑いた悪魔に魅入られてしまいます。
突然暴力的になったり、花をゴミのように捨てる姿を見ると明らかに異常ですね。
あと都はそんな先生の姿を見てもあんまり気にしていないのがおかしい。
たとえ変人な先生でも明らかに行動がいつもと異なっているのにねぇ~(苦笑)
全然関係ないけど、屋上で上半身裸でいた稚空にドキッとしました(^ω^;)

janne_03-07.jpgjanne_03-08.jpg

まろんは先生に悪魔が取り憑いている事を確認してフィンに予告状を出させます。
目の前に花瓶があるのだからすぐに変身して封印すれば手っ取り早いのですけど、
彼女はあくまで怪盗として予告状を出してから正々堂々と盗もうとするみたいだ。
怪盗としての流儀を重んじているのかもしれないですわ(^ω^)
とにかく今回はまろんが自ら率先して怪盗ジャンヌに変身しようとしていました。
フィンがとっても喜んでいたところを見ると、いつもはまろんに断られてるんだろうね(笑)

janne_03-09.jpgjanne_03-10.jpg

「学園の宝であるこの花瓶をむざむざジャンヌに渡すわけにじゃいかないざます。」
「そのとおりよ。よりによってこの学園を狙うなんて許せないわ。」
予告状を受け取ったパッキャラマオ先生は全校生徒を集めて花瓶を守らせます。
当然、都も怪盗ジャンヌが相手とあっては取っ捕まえる気満々でおりますわ。
今回のジャンヌは都だけじゃなく学園全生徒が邪魔してくるので大変そうでしたよ。

janne_03-11.jpgjanne_03-12.jpg

都は警察だけでジャンヌを捕まえたい気持ちがあったので少々不満気味でした。
プロの凄さを見せつけるって言っても都もプロじゃないんだから矛盾してますよね(笑)
何だか都を見ているとすっかり刑事になりきっている感じがしますわ。

「風邪ってさぁ人に移すと治るって言うよな。治してくれる?こうやって・・・・・・」
あと、稚空はまたまたまろんにアプローチをかけていたから面白いです。
まさにこれは壁ドンだよ~♪
もう稚空はこの時代にはこのテクニックを身に付けていたようですね(笑)
まろんはキスされそうになったので張り倒しておりましたが、心の中ではほのかに
ドキドキしている素振りを見せていたから彼に惹かれそうになっているのかもね。

janne_03-13.jpgjanne_03-14.jpg

まろんとフィンがそれぞれ偽物のジャンヌを囮に使って生徒達を混乱させます。
こういう時はフィンもかなり役に立つといった感じがします。
まろんとフィンって良いコンビだと思います。
若干まろんのフィンに対する扱い方が雑な時もありますけどね(^ω^)

janne_03-15.jpgjanne_03-16.jpg

「ボンジュール♪約束通り参上よ!」
生徒達を花瓶から遠ざけたあとはジャンヌに変身して花瓶の悪魔を封印します。
先生が邪魔するのかなぁって思ったのですけど、特に何の抵抗もなかったですわ。
まだ普段からリコーダー音を吹き鳴らしている先生の方が強いような気がします(笑)
一方の都はご自慢の都スペシャルパート3の罠まで破られて悔しがってました。
この都スペシャルっていったいいくつまでシリーズになっているんだろう?(^ω^)
とりあえずこれで先生が元通りに戻ってくれたので良かったですね。

janne_03-17.jpgjanne_03-18.jpg

「まったく危なっかしいたらないな。ジャンヌ。」
「助けてくれなんて頼んだ覚えはないわよ。誰よ!あなた?」
「怪盗シンドバッド。君と争い、勝つために来た。絶対に負けない。」
ジャンヌが都の罠にハマって捕まってしまうところだったのですけど、そんな彼女を
救いだしてくれたのは怪盗シンドバッドという謎の男の子でした。
前回にもジャンヌを陰ながらサポートしていたから味方なのかなぁって思ったのですが、
この彼のセリフを聞く限りでは敵なのか味方なのかまだ分かりませんよね。
とにかく彼がジャンヌ相手に何の目的で争おうとしているのか気になるところかな。
関連記事
神風怪盗ジャンヌ | トラックバック(0)