09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

デビルマン 第03話 「妖獣ゲルゲ」

2015年05月05日
devilman_03-01.jpgdevilman_03-02.jpg
(C)永井豪/ダイナミック企画・テレビ朝日・東映動画

デーモン族が本格的にデビルマン抹殺に動くお話です。
devilman_03-03.jpgdevilman_03-04.jpg

魔王ゼノンはデビルマンが確実にデーモン族を裏切ったので倒すことにします。
今回そこで第3の刺客と送り込まれるのは妖獣ゲルゲという悪魔す。
何でも溶かす液体を扱う悪魔なのでこれまた厄介な敵といったところですね。
さっそく冒頭では新幹線やバスなどの公共交通機関に次々と攻撃を仕掛けて
乗客達をどこかに吹き飛ばしていたから恐ろしい悪魔ですわ。
もちろん何千人もの乗客達が行方不明になったので大ニュースになっています。
悪魔が直接人間界に被害を与えてきた中で今回の物語が始まります。

devilman_03-05.jpgdevilman_03-06.jpg

美樹は明が行方不明の乗客達は絶望的だと言っていたので怒っていました。
まだ助かる可能性があるかもしれないのだから当然の反応だと思います。
ただ明自身はそんな事でなぜ美樹が怒るのか理解できなかったようなので、
これは彼の心の中ではごく当たり前の考え方になっているのでしょう。
こういう部分にも悪魔が憑依している影響が滲み出ていると思われます。
明が悪魔的な考えを言えば言うほど美樹と口論になる事が多くなりそうですね(苦笑)

あと、美樹の弟の健作(通称タレちゃん)が明のために美樹の乙女心というものを
教えてあげようとしていましたけど、明の場合は女の子の乙女心を理解するよりも、
人間の基本的な考え方を理解する方が先決のような気もします(^ω^)

devilman_03-07.jpgdevilman_03-08.jpg

明がまた学校でベルトを振り回しながら善良な生徒達を引っ叩いていました。
ちなみに明はベルトを武器として使うのを得意としています。
彼のこんな態度を見ていると、とてもじゃないけど正義のヒーローとは思えない(苦笑)
まるで悪役のような振る舞いをしておりますわ。
こういうのも平成時代のアニメの主人公ではありえない独特なものを感じます。
とりあえず彼の暴走を止められるのは美樹だけといったところですね(笑)

devilman_03-09.jpgdevilman_03-10.jpg

ゲルゲがバイクに乗っている明に襲いかかってきていました。
町の中にある看板などから飛び出てくるように攻撃を加えていたから面白いです。
こういうのも昭和時代のアニメの味が出ているなぁって思いました。
ゲルゲとしては、明から美樹に恋したために任務を放棄したと説明を受けたところで
到底受け入れられないというか理解できるわけもありませんよねぇ(苦笑)

devilman_03-11.jpgdevilman_03-12.jpg

「今夜は俺、美樹ちゃんにぴったりくっついてボディガードを努めさせて頂くからね。」
「ノーサンキューよ!出てって!出てってよ!」
明はゲルゲが美樹を殺すと宣言したので付きっきりで守ろうとするのですけど、
さすがにお風呂の中やトイレにまで付いて行くのは良くない(笑)
女の子を守ろうとする姿勢はいいけど、彼は何だか極端になりすぎる気がしますわ。
あと美樹は実際に悪魔に襲われた経験があるので守ってもらうのは嬉しいはずですが、
さすがにこの場合は命の危険よりも女性としての羞恥心の方が重要らしい・・・(苦笑)
まぁお風呂でバッタリは現在の萌えアニメでもよくあるパターンの1つですね(^ω^)

devilman_03-13.jpgdevilman_03-14.jpg

ゲルゲが美樹の家ごと吹き飛ばすかのようにして襲い掛かってきていました。
でもそのお陰で美樹が気絶してくれたためにデビルマンに変身して戦えます。
デビルカッターであっさりとゲルゲが倒された時は拍子抜けしそうになりましたが、
もちろん敵がこんな簡単に退場するはずがありませんでしたね。
やっぱりOP曲が戦闘挿入歌として流れてくるまでは敵にも踏ん張ってもらわないと!(^ω^)
とにかくゲルゲの体が元に戻って再びデビルマンに攻撃を仕掛けてきていました。

devilman_03-15.jpgdevilman_03-16.jpg

通常の格闘戦ならデビルマンが連続チョップや連続キックで圧倒してましたけど、
やがてゲルゲの溶解液による牽制攻撃を受けたりして苦戦していってました。
主役ヒーローとしてはこれくらいのピンチはあって当然といったところかな(^ω^)
もちろんこの後はOP曲のファンファーレが鳴って逆転劇が始まります!

devilman_03-17.jpgdevilman_03-18.jpg

「虎は死して皮を残し、人は死んで名を残す。ナメクジは死して跡形もなく溶けるか・・・。」
最後はデビルマンが罠にかかったふりをしてゲルゲを海の中に誘っていました。
どうやらゲルゲが塩水に弱い性質を持った悪魔だという事を知っていたようですわ。
同じデーモン族同士だから戦う相手の事を熟知しているというのは面白い点です。
デーモン族は腕力でNo.1を決めてから任務をこなすという独特な慣習があったので、
それゆえに仲間の戦闘能力というものを知っている場合もあるのかもしれませんね。
関連記事
デビルマン | トラックバック(0)