09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

双恋 第04話 「イチゴタルトで待ち合わせ」

2015年11月21日
futakoi_04-01.jpgfutakoi_04-02.jpg
(C)双葉ひな・ささきむつみ・メディアワークス/双恋製作委員会

とても臆病で内気な双子の姉妹が登場するお話です。
futakoi_04-03.jpgfutakoi_04-04.jpg

望が一条姉妹からカフェに行こうと電話で誘われているところから始まります。
その様子を見ていた雛菊が嫉妬していたから可愛らしいです。
望としては一条姉妹や桜月姉妹だけじゃなく、こんな小さな雛菊姉妹にまで
好かれているので嬉しい悲鳴をあげたくなるんじゃないでしょうか。
ハーレム設定の作品はよくありますけど、この作品ではヒロイン達が双子なので
単純に2倍もハーレム度合いが増している気もします(^ω^)

futakoi_04-05.jpgfutakoi_04-06.jpg

望はビリーの体調が悪いので動物病院に連れて行くと双子の女の子が出迎えます。
彼女達の名前は千草初千草恋。動物病院のお医者さんの娘達です。
2人の見分け方は、四角いメガネと髪を自然に結んでいるのが姉の初で、丸いメガネと
三つ編みをして結んでいるのが妹の恋という風になっています。
2人ともかなり警戒心が強いというか、オドオドしていて内気な性格をしていますわ。
とりあえず、望はまた新たな双子の女の子と出会うことになりました。

ビリーが苦しんでいた原因はFAX用紙を喉に詰まらせていた事でした。
まぁヤギだから紙を食べちゃうのも仕方ないのかもしれませんね。
ただ望にとってはそのFAX用紙には一条姉妹からの待ち合わせ時間が
書かれてある大切なものだったので見つかってよかったでしょうね。
それにしてもこの千草姉妹はかなり天然なところがあるなぁ・・・・・・(^ω^;)

futakoi_04-07.jpgfutakoi_04-08.jpg

千草姉妹は雷が鳴って一瞬停電が起こると望に抱きついていました。
これはまた千草姉妹からも好意を寄せられるフラグが立ったような気もするw
ホント、望は女の子と接する機会が多いなぁって思います。
あと、病院で預かっている動物たちが逃げ回っちゃって大変そうでしたけど、
望は動物に好かれやすいみたいで何とか元のオリに戻せていました。
そうなるとビリーにだけ嫌われているというのはおかしいですよね(^ω^)

futakoi_04-09.jpgfutakoi_04-10.jpg

桜月姉妹が大ケガをした猫を拾って望のいる動物病院を訪れました。
ただし、今は千草姉妹のお父さんは往診に行っていないので手当ができません。
そこで桜月姉妹が何とか自分達で助けてあげようと思っていたので良かったです。
内気な彼女達ですけど、いざとなったら積極性が出てくるのかもしれない。
あとどうでもいいけど、なぜ停電だからって一斉に望にだけ抱きつくんだろう?w

futakoi_04-11.jpgfutakoi_04-12.jpg

一条姉妹は約束に指定した時間通りにカフェで待ち続けていました。
望が動物病院にいることを知らないので不安になるでしょうね。
下手をすれば約束を破られたと思って怒ったり悲しんだりする可能性もあるし、
見ている方としてもちょっと心配に思えてくるシーンでしたよ(汗)

futakoi_04-13.jpgfutakoi_04-14.jpg

病院の中では色々とハプニングがありましたけど、千草姉妹のお父さんが
戻って治療を施してくれたおかげで子猫は助かっていました。
あと、あのビリーが望をワニの攻撃から助けてあげるとは信じられなかったので、
やっぱりかなり調子が悪かったのかもしれません(^ω^)
まぁ望ではなく千草姉妹を助けてあげたつもりだったのかもしれないけど・・・・・・。

futakoi_04-15.jpgfutakoi_04-16.jpg

「今日はもう帰ろっか・・・・・・。」
「うん。望ちゃんのことだからきっと事情があるのよ。」
一条姉妹はずっとカフェで待っていてくれていましたがとうとう帰ってしまいます。
楽しみにしていたイチゴタルトを望と一緒に食べられなくて残念ですね。
ただ彼女達は望のことをむしろ心配してあげていたから優しいと思います。
「いるわけないよな・・・・・・。」
望は遅ればせながらも待ち合わせ場所のカフェに向かっていましたけど、
すでに一条姉妹は帰ってしまっていたのですれ違いになります。
まぁ普通なら怒られたり、嫌われるんじゃないかと心配するでしょうから、
落ち込むのも無理はないでしょう。
今回はせっかく権田の邪魔が入らない絶好の機会だったのにねぇ・・・・・・。

futakoi_04-17.jpgfutakoi_04-18.jpg

「イチゴのタルト、また来週食べに行こ♪」
望はすぐに一条姉妹の家に駆けつけて遅れたことを謝っていました。
彼女達は最初こそは想像した通りのお怒りモードで出迎えていましたけど、
すぐに笑顔を向けて事情を察して許してあげていましたね。
彼女達の言葉からは幼い頃にはもう望の事を好きになっていたようにも聞こえます。
やっぱり好きな男の子だから今回のようにデートをドタキャンされたとしても
そう簡単には嫌いにはならないといった感じもしました。

futakoi_04-19.jpgfutakoi_04-20.jpg

千草姉妹がFAX用紙を見て先に一条姉妹に望が遅れた理由を教えてあげていました。
これは望にとっては感謝でしょうね。普通なら嫌われてもおかしくないでしょうし。
ただ千草姉妹の様子を見ると望にかなり惹かれている様子も見受けられます。
望には女の子にモテるような不思議な魅力があるのかもしれませんわ。
とにかく彼の周りにまた1組の双子の知り合いが出来たお話でした。

この作品にはいっぱい双子が登場してきますけど、今のところ彼の心の中では
幼なじみの一条姉妹への思いの方が一番強い感じもします。
ここから他の双子の姉妹たちがどう追い上げてくるのかも見ものかも。
対抗としては出番の多い桜月姉妹が有力といったところでしょうかねぇ。
関連記事
双恋 | トラックバック(0)