07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ワイルドアームズ Twilight Venom 第07話 「サムデイ・マイ・ラバー・ウィル・カム」

2015年05月12日
wildarms_07-01.jpgwildarms_07-02.jpg
(C)1999 Sony Computer Entertainment Inc.

キールが年配の女性から好意を寄せられるお話です。
wildarms_07-03.jpgwildarms_07-04.jpg

シャイアン達が砂漠の中を渡り歩いて巫女の館に辿り着くところから始まります。
その名の通り多くの巫女達が祈祷とかをしながら日々修行している場所です。
もちろんシャイアン達がこんな場所に観光で訪れるはずがないので、たまたま
自分の肉体に関する手がかりを探している途中で通りかかったのでしょう。
あと、お約束通りにロレッタ達も同じ場所に訪れていましたね。
彼女達の場合は巫女に成りすまして館の中にあるお宝を探すのが目的でした。
両陣営とも相変わらず同じルートを辿って旅をしていますわ(苦笑)
そんなこんなで今回はこの巫女の館が舞台にしたお話になっています。

wildarms_07-05.jpgwildarms_07-06.jpg

この巫女の館にはエリザベートという巫女のリーダー格の老女がいたのですけど、
その彼女がキールの姿を見て一目惚れしちゃっていたから唖然としますわ。
ここは男子禁制の場所だし、恋愛禁止の掟もあるのに巫女達を指導するトップが
率先して破っていてはいけないと思うんだけどなぁ~(苦笑)
でも、キスをせがまれて狼狽えるキールを見ていると面白いです。
とりあえずキールは年増好みじゃなさそうですね(^ω^)
この作品ってBLあり、二股恋愛あり、そして今回の年の差恋愛ありと、今のところ
マニアックな恋愛模様を描いてくる印象があります(^ω^)

wildarms_07-07.jpgwildarms_07-08.jpg

シャイアンとキールはエリザベートから厚いおもてなしを受けていました。
特にキールにはエリザベートが付きっきりで接待をしていたから何とも言えないw
研究畑一筋で生きてきたからたまには女性とお付き合いしてみるのも良いかもねw
シャイアンは巫女姿のミラベルと遭遇した事でお宝の存在を知ることになります。
せっかく立ち寄ったのだからお宝をゲットして旅の資金を増やしたいところでしょうね。

wildarms_07-09.jpgwildarms_07-10.jpg

ロレッタは館内にある神聖な泉から貝殻を拾って綺麗な真珠を手に入れていました。
久しぶりにお宝を手に入れたので喜びたいところなのですが、あのお宝マガジンに
載っている宝物にしてはオーソドックスだから素直に喜べなさそう・・・。
代々巫女達に守られてきたお宝にしてはこんな簡単に手に入るのは変ですもんね。
いったい他にどんなお宝があるのかが後半への気になるポイントでした。

シャイアン達もお宝の在処を何とかエリザベートから聞き出そうと考えていました。
ただキールからすれば彼女に近づくのは遠慮したいところでしょうかねぇ?(笑)

wildarms_07-11.jpgwildarms_07-12.jpg

キールはエリザベートとデートしてお宝の在処を聞き出そうとしていました。
シャイアンとアイザックが上手くいくようにサポートしてあげていたので笑います。
これはキールにとっては本当にお節介でしょうね(笑)
とにかく薔薇の騎士になったつもりでエリザベートのハートを掴んでいました。
もうこうなると本当に恋人同士になってあげないと彼女が可哀相だよ~(^ω^)

wildarms_07-13.jpgwildarms_07-14.jpg

結局、キールはエリザベートから何も聞き出せずに一旦引き下がっていました。
彼女の求めに応じてキスさえ出来ていれば教えてくれていたかもしれないのにね。
やっぱり年が離れすぎているからちょっと難しいのかな?(^ω^)
まぁエリザベートにキスを迫られる夢を見て苦しむくらいだから無理っぽいかw

エリザベートの方はますますキールの事を好きになって手に負えない感じです。
さすがに付き人の巫女達は男子禁制で恋愛禁止に反するエリザベートを見て
少し疑問をぶつけていましたよね。
もう今回はお宝よりもキールとエリザベートの恋愛の行方が気になりますわ(^ω^)

wildarms_07-15.jpgwildarms_07-16.jpg

「宝はあなたにあげます。その代わり、私をここから連れ出しておくれ。」
ただエリザベートは未来予知が出来るのでキール達が盗人だと気づいていました。
きっとキールが本気で愛してくれているのかどうかも知ってしまったのでしょうね。
だから今の彼女はキールへの恋を諦めて、今度はこの閉鎖的な場所から抜け出して
外の世界に行きたい気持ちの方が強まっていました。
失恋からの立ち直りが早いという点では良いのかもしれません(^ω^)

エリザベートは巫女の館のお宝がデパールという巨大魚だと教えてくれていました。
この館の守護神として長年真珠のエサを与えながら祀ってきたみたいです。
ただ皆でそのデパールを見に行くとすでに死骸となって死んでいた事が明らかに・・・。
そうなると巫女達の餌付け行為も全く無意味になったといったところでしょうか。

wildarms_07-17.jpgwildarms_07-18.jpg

「掟だの!お役目だの!この俺様がぶっ壊してやる。」
シャイアンがデパールにアームズを撃って粉々にしていました。
巫女達をこの閉塞感漂う僻地から解放してあげたような感じにも思えます。
そこで、エリザベートが嬉々としてさっそく外の世界に飛び出していったから面白い。
もうキールの事は過去の男として早くも次の王子様を見つけに行くみたいです。
この年齢でも恋する乙女であり続けるのだから尊敬に値するかな(^ω^)

あと、キールが少し寂しそうにしていたのが印象に残ります。
彼女があれ程自分に対して想いを寄せていたのに、いざ他の男に乗り換えられると
軽くショックを受けてしまうものなのかもしれませんね。
キールもエリザベートを見習って新しい恋を見つけてほしいと思います(^ω^)
関連記事
ワイルドアームズ Twilight Venom | トラックバック(0)