07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

結城友奈は勇者である 第12話 「貴方に微笑む」(最終回)

2014年12月26日
yuyuyu_12-01.jpgyuyuyu_12-02.jpg
(C)2014 Project 2H

根性で大抵なんとかなる!
yuyuyu_12-03.jpgyuyuyu_12-04.jpg

ついに「結城友奈は勇者である」が最終回を迎えました。
ストーリーが進むにつれて先の展開をワクワクしながら放送日を待つのも最後です。
視聴前は日常系アニメを予想し、初回を見て美少女変身アニメになっていた事に驚き、
そしてプリキュアを深夜アニメにしたような萌えアニメかなぁっと思って見続けていると、
まさかここまで壮絶な戦いを描いた美少女変身アニメだとは思いもしなかったです。
とても良い意味で私の想像を裏切ってくれた作品だと思っています。
少なくともこれからも私の記憶には残リ続ける美少女変身アニメなのは確かです♪
それでは新作アニメとしては今年最後の感想を張り切ってお届けしますね。


物語は東郷さんが神樹様をバーテックスで倒そうとするシーンの続きからになります。
辛い生き地獄が続くのならまだ安らかな消滅ENDを選んだ方がマシという考えです。
彼女にとっては大切な人との思い出の記憶が失われる事が一番辛いみたいですね。
「私はずっと一緒にいる。そうすれば忘れない。」
そこで友奈は絶対に東郷さんの事を忘れないと殴ってでも説得していましたわ。
親友を殴らなければならない方が彼女にとっては記憶を失う事よりも辛そうかも。

yuyuyu_12-05.jpgyuyuyu_12-06.jpg

友奈と東郷さんは巨大な太陽が神樹様に向かって侵攻してきたので食い止めます。
その後に風先輩や樹も一緒に協力してくれていたし、それに何と言っても夏凛までが
立ち上がって手助けしてくれていたのは熱い!
このシーンは勇者部が一致団結しているという雰囲気が伝わってきます。

yuyuyu_12-07.jpgyuyuyu_12-08.jpg

散華の後遺症により一時は足が動かなくなって離脱していた友奈でしたけど、
もう一度限界にまで満開させて巨大太陽に突撃していってました。
やはり最終回ですから、ここぞという時には主役がカッコ良く締めてくれていますね!

yuyuyu_12-09.jpgyuyuyu_12-10.jpg

ただ満開をかなりしているので、戦い後の皆の状態がとても気になります(汗)
特に友奈はもの凄い満開状態で太陽を封印していたから心配でしたもん。
散華の後遺症があるのでたとえ敵を倒したとしても安心できないという点に
この作品の独特さがある。

yuyuyu_12-11.jpgyuyuyu_12-12.jpg

「お・・・お・・・お姉・・・ちゃん・・・・・・。」
「本当に・・・本当に取り戻した・・・♪治るんだ私達♪」
樹が声が出せるようになっていたのはまさに奇跡です。
神樹様が供物を求めなくなるように勇者システムが改善でもされたのかな?
まだ外の世界がそのままらしいので、バーテックスの侵略は続きそうだけどね。
ただ勇者部の皆は精霊を失った事により勇者のお仕事からお役御免となりました。
これでは一見すると何の役にも立ってなかったようにも思えますけど、彼女達の
頑張りによって後遺症が治る可能性を見つけたのは大きな成果だと思います。

yuyuyu_12-13.jpgyuyuyu_12-14.jpg

東郷さんは鷲尾須美時代の後遺症も治りつつあったから完全復活できそうです。
おそらく失われた記憶も戻るはずなので、また落ち着いた時にでも戦友だった
園子に会いに行って思い出話が出来るといいですね。
しかし、友奈だけは悲しい事に後遺症が残っていたから何とも言えなかった・・・。
まるで皆の後遺症を自分1人が身代わりになってしまったかのようでしたわ。
これでは皆がたとえ勇者の使命から解放されても手放しに喜べませんよね。

yuyuyu_12-15.jpgyuyuyu_12-16.jpg

「と・・・東・・・郷さん・・・」
「!?」
「一緒にいるよ。・・・ずっと。」
東郷さんが号泣しながら友奈に聞かせるように演劇の脚本を読んであげていました。
すると、友奈がこれまた奇跡としか言えない感じで意識を取り戻したからビックリです。
きっと友奈の事だから、東郷さんをこれ以上悲しませたり、泣かせたくないと思って
何とか自力で回復したような気がします。
前回の夏凛が友奈の泣き顔を見たくなくて戦っていた理由と似たようなものでしょう。
やはり勇者は皆に明るい希望を見せなくちゃいけないから、こんな後遺症なんかで
いつまでも休んでいる場合ではありませんよね。
それが「勇者自身が挫けない事が皆を励ます」という事にも繋がってくるはず。

yuyuyu_12-17.jpgyuyuyu_12-18.jpg

とりあえず友奈は根性で復活出来たんだという結論でまとめてました(笑)
まぁそういうのが最も友奈らしいかなぁって思います(^ω^)
「勇者は絶対に負けないんだ!」
最後は文化祭で演劇をしているシーンが描かれていました。
実際に勇者として体験してきた事を演じるようなものなのでやりやすいかな。
ただ友奈が演技後に一瞬倒れ込んでいたからちょっと心配でしたけどね。
とにもかくにも演劇は成功ですし、勇者の戦いも無事退任となりましたので、
暫くの間は体の疲れを癒やすことに専念した方がいいでしょうね。
元気になったらまた皆で楽しく勇者部の活動を続けてほしいと思います。

yuyuyu_12-19.jpgyuyuyu_12-20.jpg

結局、天の神様や外の世界については解決されないままになってますので、
その点だけが心残りでもあります。
友奈達の後を引き継ぐ次期勇者達にお任せという事になるのでしょうかねぇ?
まぁ後遺症は無くなる事が分かったので、これからは心置きなく満開しまくって
敵を殲滅していけると思えば、いつか世界は元に戻れるんじゃないでしょうか(^ω^)

★総評★
物語としては起承転結がしっかりしているので見やすい作品だったと思います。
最終回に近づくにつれて盛り上がるように作られていたのも良かったです。
最後は意外にもストレートで押してハッピーエンドに持っていってましたけど、
この作品に関してはこういう強引さがある方がむしろ良いと思います。
関連記事
結城友奈は勇者である | トラックバック(0)