07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ゆめりあ 第08話 「僕たちの理」

2015年01月30日
yumeria_08-01.jpgyumeria_08-02.jpg
(C)ナムコ/モエラ旅行社

モネがたった1人でフェイドゥムの侵攻を食い止めようとするお話です。
yumeria_08-03.jpgyumeria_08-04.jpg

智和達が夜空にオーロラが現れたので嬉しそうに眺めているシーンから始まります。
ただ日本でオーロラが見られるというのはまず考えられないので珍しいでしょうね。
商店街ではこのオーロラを利用して商売繁盛に繋げたくなるのは納得です。
ただ、ねねこの表情を見る限りではあまり良い兆候ではなさそうだから気になるかな。

yumeria_08-05.jpgyumeria_08-06.jpg

このオーロラ現象は一気に日本中の話題になっていました。
智和達が巷で噂になっているUFOの仕業との仮説を信じるかのように宇宙人との
コンタクトを取ろうとしていたから何とも言えない。
まぁUFOよりも天空の城のラピュタの方が存在しないだろうというのは同意だw
あと、まいっちんぐマチコ先生になったり、スペースコブラになったりしていますが、
アニメを参考にして色仕掛けやイケメン化で宇宙人と仲良くなれるとは思えないw

yumeria_08-07.jpgyumeria_08-08.jpg

ねねこはオーロラが夢世界からフェイドゥムが溢れてくる予兆だと教えていました。
フェイドゥムが夢世界だけじゃなく現実世界にも現れるとなるとマズイでしょうね。
とにかく今は智和の不確定量子選択捧呈術を使うタイミングがやってくるまでは
夢世界で襲い掛かってくるフェイドゥムを撃退させていくしかなさそうです。

「俺がモネの家族探してやるから、それまでちゃんと俺がモネを守る。」
モネもまた夢の世界の人間という事以外は謎に包まれた存在になってます。
宇宙人よりもモネと出会ったのが奇跡的なのかもしれないですね。
ここは智和とモネが親しい関係になっている事が伝わるシーンでもありました。

yumeria_08-09.jpgyumeria_08-10.jpg

モネが忽然と姿を消してしまったので智和達は夢の世界まで探しに行きます。
彼女がオーロラを見た時に少し意味深な雰囲気を醸し出していたのが気になるかな。
あと、夢の世界の事は七瀬さんには内緒にしているから会話する時は注意しないとね。
ただこの時の七瀬さんが空気を読んで席を外していたのが少しポイントかも?

夢の世界ではフェイドゥムが沢山現れていたのでもう手の打ちようがありませんでした。
これはフェイドゥムが現実世界へ侵攻を開始しようとしているのは確かでしょうね。

yumeria_08-11.jpgyumeria_08-12.jpg

その後、モネがたった1人でフェイドゥムの侵攻を食い止めているところを発見。
彼女は何か記憶を思い出したかのように使命感を持っている感じがします。
ねねこのように別人のような人格とかも表れてきそうだなぁって思いましたわ。
でも、私としては無邪気にはしゃぐモネとねねこの方が好きだなぁ。

あと九葉には宗家の巫女としての重要な役割がある事も明かされていました。
こうなると、ここに集まるメンバー達はいずれも何か重要な役割を担うような
必要不可欠な人材ばかりなのかもしれませんね?

yumeria_08-13.jpgyumeria_08-14.jpg

シルクさんも後から参戦してフェイドゥムを倒すお手伝いをしてくれています。
あと、ここで九葉が巫女の力を開放してフェイドゥムを蹴散らしていたから凄い!
今のところは彼女が戦いにおける切り札となってくれそうですね。
ただ、彼女自身は巫女の力を使いたくなかったから宗家と離れているみたいなので、
その彼女がここで能力を使ったというのは皆を守りたい気持ちが強いからかな。

yumeria_08-15.jpgyumeria_08-16.jpg

無事に戦いが終わると、九葉はかなり疲れていて動けない状態でした。
巫女の力は命をすり減らすほどの力だから必要最小限の使用に抑えるべきかも。
まぁ最近では満開と散華やらで辛い後遺症に悩むアニメをやっておりましたけど、
それに比べれば海に溺れちゃうくらいは全然大丈夫と言えそうだ(^ω^)
今回は九葉の力で敵を蹴散らせる事が出来ましたが、これからはモネは単独行動を
やめて、お互いに助け合いながらチームとして戦っていくのが良いでしょうね。
また少し皆の団結力が増したような感じがしました。

yumeria_08-17.jpgyumeria_08-18.jpg

最後にねねこが智和達の感情を出す戦い方に戸惑っている様子がありました。
彼女は滅んだ未来の世界からやって来た弊害で孤独に慣れているのでしょう。
ただ、今回の戦いで仲間との意思疎通も大切だと感じてくれたような感じがします。
それが子猫ちゃんに餌を与えようとするシーンで示されていたのではないでしょうか。
彼女も智和達の輪に入って協力し合いながら手助けしてほしいですね。

前回から一転してシリアス度が増した展開になってきています。
このような美少女変身アニメは、普段の日常ギャグとシリアスバトルとのバランスを
どのようにして描くかが大きなポイントになっていると思います。
もちろん日常ギャグだけの方が気軽に視聴できる分だけ安全策になりますけど、
シリアスな展開を入れていくことで物語の展開の上で深みを持たせられるので、
そういう点ではこれからが本当の意味でのこの作品の評価に繋がると思います。
関連記事
ゆめりあ | トラックバック(0)