07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

みすてないでデイジー 第09話 「想いはプレゼント!かたちはペンダント!」

2015年06月23日
daisy_09-01.jpgdaisy_09-02.jpg
(C)永野のりこ/アスキー・デイジー製作委員会

歩野とひとみが一緒に夏祭りに行くお話です。
daisy_09-03.jpgdaisy_09-04.jpg

ひとみが歩野と結婚式を挙げている夢を見ているシーンから始まっています。
これは無意識のうちに彼との結婚を望んでいると思ってもよさそうですね(笑)
友達はひとみに結婚式の会場を紹介するパンフレットをプレゼントしていたし、
もうすっかりひとみと歩野を婚約者同士として認めてあげているのでしょう。
それに「デイジーちゃん」って呼ぶようになっていたから笑っちゃいました(^ω^)
ここまで応援してくれているのなら、ひとみは期待に応えないとね~(^ω^)
ただ、今の彼女は前回での歩野との件でトラウマを引きずったままでした。

daisy_09-05.jpgdaisy_09-06.jpg

「君が今、ここに存在してくれている事への感謝の印だよ。」
歩野がひとみのところにやって来て誕生日プレゼントを渡していました。
素敵なネックレスをプレゼントされたとあっては彼女の心は落ち着きそうです。
再び歩野への想いを募らせる事になりそう・・・。
しかしながら、絶対に外せないネックレスというのは嫌でしょうね・・・。
それよりも対人間用バリアで人が近づけない機能まであるのが悲惨かな(笑)

あと、山川Xがミミちゃんのお陰で無事日本に戻ってくる事が出来ました。
でも彼がせっかくシベリアでの生活に生き甲斐を感じ始めていた事を考えると、
不登校中の彼には日本への帰国は良い事ではない気がするんだけどねぇ。
それと歩野との友情を感じて喜ぶなんて単純です。
今まで受けてきた仕打ちを考えると友情なんてあるはずないんだし(笑)

daisy_09-07.jpgdaisy_09-08.jpg

ひとみはせっかく綺麗な浴衣を準備したのに花火を見に行けなくて号泣でした。
歩野から貰ったネックレスが外せない限り、人がいる場所に行けませんものね。
そこで歩野がハワイに行こうと誘ってくれますが、そういう問題じゃない。
ただ、ひとみの涙が心に突き刺さったのか、彼女が行きたがっている花火に
誘ってあげていたので、ほんの少しくらいは女心を理解してくれるのかも?
ひとみはそういう彼の優しさを感じるから完全に拒絶できないのでしょうね。

daisy_09-09.jpgdaisy_09-10.jpg

ひとみは歩野と一緒に花火を見に行くのはいいのですが、あの姿を見ると
まるで首輪で繋がれたペットみたいになっていて恥ずかしいですよね。
プラス思考で考えるなら、歩野が彼女を守ろうとしてくれているというところかな。
あと、友達2人と遭遇した時には2人の仲をとても祝福してくれてもいましたので、
もうひとみの想いよりも先行して恋人関係への地盤固めがされている感じです。
外堀も埋められているし、もう歩野から離れられないような気がしますわ(^ω^)

daisy_09-11.jpgdaisy_09-12.jpg

歩野は夏祭りの夜店を初めて見たので大はしゃぎで楽しんでいました。
こういうところにも彼が世間から隔離して過ごしてきた弊害が垣間見られますね。
ただひとみからすれば、子供っぽく遊ぶ彼の姿を見ると母性本能みたいなもので
愛おしく思えてしまうところがあるのかもしれません。
彼に対しては恋人としてではなく、お姉ちゃんのように接してあげたら良さそうです。

daisy_09-13.jpgdaisy_09-14.jpg

ひとみは歩野の非常識な行為に嫌気が差して立ち去って行きました。
彼が自分の事を1人の女の子として好意を寄せてくれているのか?
それとも宇宙人だと思い込んで好奇心から近寄ってくるのか?
どちらなのか分からないのでますます悩みが深まっている感じでしょう。
そんな時に大きな穴の下に転落してしまったので心配でした。
あと、歩野がひとみがいなくなって寂しそうにしていたのが印象的です。
彼は大勢の人混みの中に来るのも初めてだから恐さを感じるのかもね。
だから強引にでもひとみのそばにいたい気持ちが含まれている感じがします。

daisy_09-15.jpgdaisy_09-16.jpg

歩野がひとみの危機に必死になって助けに行っていたのはカッコ良かったです。
でも対人間バリア機能が暴走した結果だからあまり褒められたもんじゃないかな(^ω^)
彼がひとみの事を人間の女の子か宇宙人のどちらかに思っているにせよ、
彼女の事を大切な人として見ているのは間違いないでしょうね。

daisy_09-17.jpgdaisy_09-18.jpg

「(歩野くん。私・・・私・・・宇宙人になりたい・・・・・・。)」
最後にひとみのセリフからは歩野への愛が本物である事が伝わってきました。
彼と一緒にいるうちに少しずつ彼の良さというものを分かってきたのかもね。
あとは彼に自分を女の子として好きになってくれるように願うばかりかな。
おそらくそれが今の2人には大きな障壁となっていると言ってもいいでしょう。
何とか歩野に本当の恋を知ってほしいところです。
関連記事
みすてないでデイジー | トラックバック(0)