07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

sola 第12話 「ユウメイノサカイ」

2014年12月28日
sola_12-01.jpgsola_12-02.jpg
(C)2007 sola project

茉莉と蒼乃が依人を懸けて戦うお話です。
sola_12-03.jpgsola_12-04.jpg

茉莉と蒼乃と依人の3人が洞窟の中で話し合っているシーンから始まります。
着物姿ということは大昔の回想シーンになります。
蒼乃が夜禍人の祟りを鎮めるために生贄になっているという話がありましたので、
まだ蒼乃が夜禍人になる前の普通の人間だった頃と思ってもよさそうですね。
つまりここにいる依人は生前の本物の依人ということになります。

この3人の過去に何があったのかがこの物語の大きな謎になっていますので、
今回は物語の核心部分が解明される重要ポイントと思ってもいいでしょう。

sola_12-05.jpgsola_12-06.jpg

「依人を頂戴。」
「本気?」
「というか、依人はもう貰っているの。今、私の所にいる。」
「そんな!?」
「どっちが依人のそばにいられるか決めよう。」
茉莉が蒼乃に対して堂々と宣戦布告をしていたから凄いです(汗)
さすがに蒼乃としては大好きな弟を奪われるわけにはいかないでしょうね。
まさに茉莉と蒼乃が依人を賭けて一騎打ちをするような展開になってます。
ガチでバトルをするような三角関係になるとは思わなかったから驚きますよね。
茉莉と依人が蒼乃に対して何を仕掛けようとしているのか気になるところかな。
それよりエア映画鑑賞をしているのが何だか笑ってしまいそうでした(^ω^;)

sola_12-07.jpgsola_12-08.jpg

「たとえ私を倒しても、私の夜禍の力がなければ依人は生きてはいけないんだから。」
「うん。知ってる。でもいいの。あなたを倒して可哀相な依人を消してあげるの。」
茉莉と蒼乃による戦いが始まっていました。
お互いに夜禍の超能力を使いながら戦っているために凄いバトルになってます。
このシーンを見ていると普通の萌え美少女アニメとは全然違いますね(^ω^)
とにかく、ここでは茉莉が「依人を消す」と言っているのが気がかりでした。

sola_12-09.jpgsola_12-10.jpg

「どうして生き返らせたりなんてしたの?依人がいない世界で生き続けたくない!」
茉莉と蒼乃が戦っている最中から度々回想シーンが挿入されていましたけど、
これで茉莉と蒼乃と依人の3人の今までの経緯が繋がってきたと思います。
蒼乃は依人を災害か事故で亡くしたショックから自ら命を絶ったわけですが、
茉莉が蒼乃を夜禍人の力で蘇らせた事から3人の複雑な関係が始まります。

依人の後を追って死のうとした蒼乃も、その蒼乃を蘇らせてしまった茉莉も、
ただ孤独になるのが怖かっただけだったのでしょうね。
禁忌を犯してしまった事でこのような状況となって苦しむ事になったようです。

sola_12-11.jpgsola_12-12.jpg

「俺は依人じゃない。誰でもないんだ。本当はここにはいちゃいけない存在なんだ。
だから正しい姿に戻る。姉さんと一緒に。」

蒼乃は、依人のように紙で作った自分の偽物を茉莉と戦わせていました。
その間に依人を連れ戻そうとするわけですけど、依人は拒否します。
彼は自分の正体を知って悩んだというよりも、これ以上蒼乃に悪い夢を
見続けてほしくないという気持ちの方が強いのかもしれません。
だから自らを消して蒼乃を幻から開放しようとしているように見えます。

あと、蒼乃が昔の依人と茉莉の仲の良さに嫉妬している様子が伺えました。
蒼乃は依人の事を弟としてよりも恋人に近い感情を持って接していたのかもね。
それゆえに蒼乃が茉莉と本気で戦うというのは避けられなかったような気がします。

sola_12-13.jpgsola_12-14.jpg

蒼乃が再び茉莉のところに戻って最後の決着をつけようとします。
蒼乃が紙を空蝉の術のように扱っていたのが面白いです。
まるで別のアニメを見ているかのような本格的なバトルになっていました。
そして蒼乃が茉莉を突き刺そうとした瞬間に依人が飛び込んで守っていました。
クライマックスに相応しいやり取りを繰り広げている感じがします。

sola_12-15.jpgsola_12-16.jpg

「これで戻るの。全てが・・・・・・・。」
「嫌・・・。嫌・・・嫌ァァーーーーーーーっ!!!」
最後に茉莉が自らの体に剣を突き刺して引き抜いていました。
夜禍人の命を剣に宿させて、それを他の夜禍人に移すことで人間に戻します。
当然、ここでは蒼乃を人間に戻そうとするように思えるのですが、それは次回の
最終回へと持ち越しとなっていました。
蒼乃からすれば自分が人間に戻ると、夜禍の力で動いていた今の依人とは
お別れとなってしまうのでとても嫌といったところでしょう。
ただ、蒼乃が病的に弟の影から離れられない生活を永遠に送る事を思うと、
ここでバッサリと断ち切ってあげる方が良いのかもしれませんね。
とにかく3人にどのような結末が待っているのか最終回が楽しみでした。
関連記事
sola | トラックバック(0)