07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

結城友奈は勇者である 第06話 「明日に期待して」

2014年11月14日
yuyuyu_06-01.jpgyuyuyu_06-02.jpg
(C)2014 Project 2H

勇者の戦いの肉体的な疲労が出てくるお話です。
yuyuyu_06-03.jpgyuyuyu_06-04.jpg

友奈達はバーテックスとの戦いが終わったので一応身体検査をしていました。
風が目の治療を受けていたり、樹が声を出せなくなっていたりとしていたので、
それなりに疲労が出てくるような戦いになっていたということなのでしょう。
しばらくの間は十分休養を取って回復に務めた方がいいかもしれません。
「皆、よくやったー。勇者部、大勝利を祝って乾杯ー♪」
あと風が乾杯の音頭を取って皆でバーテックス討伐完了のお祝いをしていました。
皆がこのように1人も倒されずに何とか帰ってこられたのは良かったと思います。
ただ、もう勇者システムや精霊ともお別れとなったので少々寂しさもありそうです。
・・・といった感じで今回は勇者の戦いを終えた後のお話となっています。

yuyuyu_06-05.jpgyuyuyu_06-06.jpg

「友奈ちゃん。体、どこかおかしいところあるよね?」
東郷さんが友奈に意味深な質問をしていました。
そこで友奈が味覚を失っている事を明かしていたのでちょっと心配です。
目や声などは戦いの疲れでありえそうですけど、さすがに味覚については
直接的に戦いの影響があるとは思えないから謎といった感じがします(汗)
大事にならずに、すぐに治ればいいのですけどね。

yuyuyu_06-07.jpgyuyuyu_06-08.jpg

友奈達は勇者部の活動を再開しますが、3人しかいないので開店休業状態です。
風は目に眼帯をして、樹はスケッチブックをメッセージボードとして使用してました。
まだ戦いの疲れも残っているはずだから良い休養日だと思って休んだ方がいいかな。
3人の様子を見ると、回復すると思っているためにそんなに深刻になってませんね。
ただ東郷さんも左の耳の聴力を失っていた事を打ち明けていたのが気がかりでした。
こんなに皆の肉体に異変が生じてくると、戦いの後遺症と思ってよさそうですもんね。

yuyuyu_06-09.jpgyuyuyu_06-10.jpg

東郷さんが風先輩に体の異変について相談をしていました。
この2人のやり取りを見る限りでは大赦も後遺症については把握してないのかも?
ただ東郷さんが満開の後遺症だと思っていた点は鋭いかもしれません。
たしかに夏凛以外の満開になった4人にしか異変が生じていませんからね。
あと夏凛は名誉の負傷のない自分に不甲斐なさを感じてたから厳しさがある。

yuyuyu_06-11.jpgyuyuyu_06-12.jpg

友奈は夏凛が勇者部の部室に顔を見せないので連れてこようとしていました。
自分の事よりも友達の事を気遣ってあげているからとても優しい子です。
友奈は皆と一緒にいるのが幸せに感じるのでしょうね。
その反対に夏凛は孤高の戦士みたいな子だから1人でいる方が好きなのかも?
似たもの同士ではない2人だからこそ良い相乗効果がありそうな感じはするかな。

yuyuyu_06-13.jpgyuyuyu_06-14.jpg

「勇者部は風先輩がいて、樹ちゃんがいて、東郷さんがいて、夏凛ちゃんもいて、
皆で楽しみながら人に喜んでもらう事をする部だよ。バーテックスがいなくても
勇者部は勇者部。」

夏凛は勇者の戦いが終わったらもう自分が勇者部に行く理由がないと思ってました。
彼女は肉体的な後遺症はなくても、精神的な部分で後遺症が残った感じに見えます。
そこで友奈が今後の勇者部にも夏凛にいてほしいと熱心に伝えていたのが良かった。
「夏凛ちゃんがいないと部室は寂しいし、私は夏凛ちゃんと一緒にいるのが
楽しいし、それに私、夏凛ちゃんのこと好きだから♪」

やっぱり女の子だけのお話だから百合っぽいイメージも少しは必要です♪(^ω^)
ここまで説得されたら夏凛も戻ろうかなぁという気分にはなるというものでしょう。
こういう説得役には友奈が最も適している感じもします。

yuyuyu_06-15.jpgyuyuyu_06-16.jpg

「東郷美森。勇者部に帰還しました。」
東郷さんと夏凛が勇者部に復帰したので、これでまた活動が始められそうです。
でも東郷さんって准尉扱いだったんですねぇ?
大将とか元帥の方が相応しいような気もするんだけどなぁ(^ω^)
あと友奈の定位置という表現が東郷さんとの繋がりの深さを感じさせてくれます。

yuyuyu_06-17.jpgyuyuyu_06-18.jpg

夏凛は大赦から許可が降りたので正式に讃州中学校に留まる事ができそうです。
なぜ夏凛が大赦の許可を得て通学する必要があるのかが不思議なんですけどね。
大赦と密に連絡を取り合ってもいるから、友奈達とは違った立場にいるのかな?
まだ後遺症が残る4人ですけど、今はこうして再び皆揃って部活が出来るだけでも
幸せといった感じなのでしょう。少しでも早く後遺症が治ればいいですね。

今回は戦いの後の平穏な日常回だったわけですけど、後遺症が表面化したために
緊迫感を漂わせたような雰囲気で描かれていた
のが印象に残りました。
元気な女の子達が集まって明るく物語が展開していきそうな感じに思えましたが、
この作品は影となる部分を多く伏線に据えているので緊張感がありますね。
とにかく次回予告を見ると、とても期待できそうなサービス回になりそうかな(^ω^)
友奈達が温泉にでも入って後遺症を一発で治しちゃうものと信じたいです。
関連記事
結城友奈は勇者である | トラックバック(0)