09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

のんのんびより 第10話 「初日の出を見た」

2015年06月16日
nonnonbiyori_10-01s.jpgnonnonbiyori_10-02s.jpg
(C)2013 あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合

れんげと駄菓子屋が親しくなったきっかけが描かれます。
nonnonbiyori_10-03s.jpgnonnonbiyori_10-04s.jpg

二学期の終業式を終えたれんげ達はそれぞれ冬休みをまったりと過ごしていました。
新年を迎えるにあたって大掃除やおせち料理などの準備をしておきたいところですが、
真面目に準備する人とダラダラと怠けている人というふうに分かれていました(笑)
まぁ視聴者は誰が怠けているのかは大抵は想像できるかと思いますけどねぇ(^ω^)
そういうわけで今回は年越しの様子を描いたお話になっています。

nonnonbiyori_10-05s.jpgnonnonbiyori_10-06s.jpg

「うちも行くん。初日の出、行くん。」
一穂先生とひかげと駄菓子屋は深夜に一緒に初日の出を見に行こうとしていました。
しかしれんげに見つかってしまい、一緒に連れて行ってほしいとお願いされます。
小さい子にとってはどこかにお出かけするのは楽しいから仕方ないでしょうね。
れんげがお姉ちゃん達にではなく、駄菓子屋にお願いしていたところなんかを見ると、
お姉ちゃん達よりも駄菓子屋に懐いているような印象を受けますわ。
これからは約束通りにちゃんとピーマンを食べないといけないですね。
ちなみに私はれんげと同じくピーマンが大の苦手です(^ω^;)

nonnonbiyori_10-07s.jpgnonnonbiyori_10-08s.jpg

初日の出を見るために1時間くらい歩いて山を登る必要がりました。
だからお姉ちゃん達はまだ小学生のれんげを連れてこようとしたくなったのでしょうね。
でもれんげが元気ハツラツに奇妙な歌を歌いながら登っていたから心配なさそうです。
あと、駄菓子屋が昔にれんげのお守りをよくしてあげていたという話がありました。
この時からすでに駄菓子屋はお金に釣られやすい性格をしていたみたいです。
赤ちゃん姿のれんげが可愛い♪(*´ω`*)

nonnonbiyori_10-09s.jpgnonnonbiyori_10-10s.jpg

駄菓子屋が四苦八苦しながら赤ちゃんのれんげの面倒を見てあげていました。
れんげが何を考えているのか分からないというのもあって苦労していましたけど、
それは小学生のれんげも何を考えているのか分からない時があるので一緒かも(笑)
とりあえず、れんげが赤ちゃんの時から独特な感覚を持っている事は分かりました(^ω^)

nonnonbiyori_10-11s.jpgnonnonbiyori_10-12s.jpg

れんげがすっかり駄菓子屋に懐いている様子が見受けられました。
それに駄菓子屋の方もれんげの遊び相手をしてあげたいと思ったみたいです。
2人はこの時に惹かれ合った経緯があって今の関係へと至っているのでしょう。
あと、れんげのツインテールも駄菓子屋にやってもらったのが発端になってるみたい。

nonnonbiyori_10-13s.jpgnonnonbiyori_10-14s.jpg

再びれんげ達が初日の出を見るために山登りをしている場面に戻ります。
さすがに小学生のれんげは体力がないのでかなり疲れている様子でした。
そこで駄菓子屋がおんぶをしてあげていたから優しいです。
こういうところにも2人の絆の深さが垣間見られます。
あと、一穂先生がれんげ以上にヘトヘトになっていたので面白いです。
息苦しそうなら変なマスクを外せばいいのになぁ。不審者にしか見えないのにね(苦笑)
一穂先生は寝てばかりじゃなく、たまには体を動かして体力を付けた方が良いかも(^ω^)

nonnonbiyori_10-15s.jpgnonnonbiyori_10-16s.jpg

れんげ達はようやく見晴らしの良い場所に辿り着いて休憩していました。
一穂先生の様子を見ると本当にしんどそうにしていたから少し心配でしたわ。
まさか高山病なんてことはないと思うけど、マイペースで登った方がいいですね。
今回はちょっとしたヤマノススメ状態になっているような雰囲気だなぁって思いました。

nonnonbiyori_10-17s.jpgnonnonbiyori_10-18s.jpg

「お日様、出てきたん!出てきたん!お日様!あけましておめでとうございます♪」
れんげが初日の出を見て感動していたのが印象的です。
こんな夜中に高い場所に来て初日の出を見るのは初めてだから嬉しいでしょうね。
良い新年を迎えたということで、今年も一年間楽しく過ごしてほしいと思います。
最後に一緒に寝ている姿を見ると、駄菓子屋とも楽しく遊んでいってくれそうね♪
今回はれんげと駄菓子屋が親しくなったきっかけが描かれていて良かったです。
この作品はメインキャラ4人だけじゃなく、周りのサブキャラとの関わりなんかも
よく描いているので物語に幅広さを感じさせてくれるのが良いと思います。
関連記事
のんのんびより | トラックバック(0)