07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

のんのんびより 第05話 「水着を忘れたふりをした」

2015年05月31日
nonnonbiyori_05-01s.jpgnonnonbiyori_05-02s.jpg
(C)2013 あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合

皆で海水浴に行くお話です。
nonnonbiyori_05-03s.jpgnonnonbiyori_05-04s.jpg

夏休みの早朝にれんげ達が神社でラジオ体操をしているところから始まります。
ラジオ体操に参加すればカードにスタンプを押してもらえるのが嬉しいですよね。
こういうのは私のところでもありましたので懐かしい感じがします。
参加賞として毎回お菓子を貰えるのが楽しみでした♪
それにしてもれんげはラジオ体操をダンスミュージックと勘違いしてるのかな?(笑)
これは一穂先生が体育の授業としてしっかりと教えてあげないといけませんね。
・・・でもその先生が寝坊しちゃってラジオ体操に全く参加できていなかったです(苦笑)

nonnonbiyori_05-05s.jpgnonnonbiyori_05-06s.jpg

蛍は小鞠の家で朝食をご馳走になる前に野菜の買い出しのお手伝いをしてました。
買い出しとはいってもスーパーではなく野菜の無人販売所だったのが面白いです。
まぁ確かに24時間営業のコンビニみたいなものなんだけど、全然違う気がしますわw
これは都会っ子の蛍には初めて目にするものなので物珍しく感じるでしょうね。
ただし、今の蛍は大好きな小鞠と2人きりになっている喜びでいっぱいみたいだ(笑)
あとトマト入りのお味噌汁を食べて酸っぱそうにしている表情が良かったです(^ω^)
蛍にとっては初めて田舎で過ごす夏休みですけど色んな初体験が出来そうかな。

nonnonbiyori_05-07s.jpgnonnonbiyori_05-08s.jpg

旭ヶ丘分校の皆が海水浴をしに海に遊びに行っていました。
一穂先生が引率者となっているからまるで学校の課外授業みたいになっています。
皆が楽しんでいる中で小鞠1人だけが沈み込んだ表情をしていたのですけど、
どうやら幼児体型を気にして水着を着るのを嫌がっているみたいですわ(苦笑)
そうなると海に行くこと自体があまり気が進まなかったとも言えそうですね。
日頃から大人への憧れを強く抱いている分だけ、肉体的なコンプレックスに関しては
かなり大きいといったところかもしれません。
こればかりは努力してもなかなか難しいところがあるので悩みどころですよね。
彼女には、「貧乳はステータスだ!希少価値だ!」の名言を教えてあげたいなぁ(^ω^)

nonnonbiyori_05-09s.jpgnonnonbiyori_05-10s.jpg

蛍の水着姿がもう小学5年生の女の子とは思えないほどのナイスバディでした!(汗)
小鞠はさすがにこんなスタイルの良さを見せつけられるとショックといった感じですw
蛍はもし小鞠に好かれたいのなら、今後は露出を控えめにして会った方がいいかも(^ω^)
もうこうして見ると、蛍が皆の中で一番のお姉さんに見えますわ。

nonnonbiyori_05-11s.jpgnonnonbiyori_05-12s.jpg

小鞠がジュースを買いに行っている時に見知らぬお兄さんから声をかけられました。
その後、他の皆はなかなか小鞠が帰ってこないのでとても心配していました。
特に蛍は愛する小鞠が行方不明になっているので号泣するくらいに心配していました。
こういう場合は実の姉である夏海の方がもっと心配してあげないといけないのにね(^ω^)
でも、それより一穂先生の対応の方がちょっと問題ですわ(苦笑)
自分の立場を守るために責任放棄への予防線を張っているようにしか思えなかった(汗)
そりゃこんな先生を見ると、れんげ達は自分達がしっかりしないといけないと思うよねぇ(^ω^)

nonnonbiyori_05-13s.jpgnonnonbiyori_05-14s.jpg

夏海達は小鞠が誘拐されたのではないかと心配して周辺を探しまわっていました。
小さい小鞠だからナンパされたと思わないのが普通みたいです(苦笑)
それにしても蛍はあまりにも心配しすぎて壊れかかっていたように見えます(汗)
いくら小さい小鞠だからといって、自動販売機の中にいるはずない!(^ω^;)
こうして見ると、スタイルは大人っぽくても精神面はまだ小学生らしさがありますね。

nonnonbiyori_05-15s.jpgnonnonbiyori_05-16s.jpg

小鞠は迷子に間違われて迷子センターに保護されていました(笑)
さすがにここまで子供扱いされちゃうと小鞠も泣きたくなるでしょうね。
これならまだナンパとかされていた方が彼女の中ではマシかもしれません。
それにしても140cmの身長についてもサバを読んでいたとは参りましたわ(苦笑)
そんなわけで小鞠がとても子供っぽい体型だということがよく分かったお話でした。
とりあえず、卓お兄さんを忘れずに連れて帰ってあげないとね~(^ω^)

nonnonbiyori_05-17s.jpgnonnonbiyori_05-18s.jpg

最終の電車が来るまでの待ち時間に駅のホームにある蕎麦屋さんで食事をします。
駅のホームにお店があるだけじゃなく、駅に駅員さんが常駐してるというだけでも
都会の駅という認識だったので面白いです。電車もあまり乗らないのでしょうね。
この子達が東京や大阪などの駅を訪れた場合にどんな反応をするのか見てみたい(^ω^)
あと、夏海が七味唐辛子を大量に入れてしまったそばを小鞠に渡したのは鬼ですわ(笑)
小鞠って夏海のせいでいつも不幸な目に遭っているような印象があるなぁ~(^ω^)

nonnonbiyori_05-19s.jpgnonnonbiyori_05-20s.jpg

最終の電車がやって来たので急いで乗り込むと、一穂先生だけ置いてきぼりです(笑)
海では自ら引率者じゃないと保護責任放棄してましたから文句は言えないでしょうね。
まぁ先生は大人ですから一晩くらい駅で寝過ごしても大丈夫じゃないでしょうか(^ω^)
あと、家に帰ると小鞠が素敵なスクール水着姿を披露してくれていました♪
子供っぽくてとても可愛らしいんだから堂々と海に着ていけば良かったのにね(笑)
関連記事
のんのんびより | トラックバック(0)