09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

奏光のストレイン 第06話 「安らぎに背を向けて」

2014年10月13日
s-strain_06-01.jpgs-strain_06-02.jpg
(C)2006 奏光のストレイン製作委員会

空間機甲科でパーティーをするお話です。
s-strain_06-03.jpgs-strain_06-04.jpg

今回はロッティが訓練終了後にセーラに怒鳴り込むシーンから始まっています。
セーラが新しいフォーメーション通りに動いてくれないからキレちゃったみたい。
お互いに自分の考えた戦い方が正しいと思っているから一歩も譲る気はなさそうだ。
さすが皆から根性女女王様と呼ばれているだけの事はありますw
それにしてもロッティの熱演を聞いていると思わず笑ってしまいそうでしたわ(^ω^;)
とにかく、このままラルフのストレインと戦えば敗北するのは確実でしょうね(苦笑)
あと、ラヴィニアがセーラに対して不敵な笑みを浮かべているのが気になります。
彼女の事だからセーラと百合っちゃおうとしているのかもしれませんw

s-strain_06-05.jpgs-strain_06-06.jpg

カリスフォドとディコンがセーラに話しかけに来ていました。
特にカリスフォドは何とかセーラの気を引こうとして頑張っています。
しかしディコンの言うとおり、セーラはそう簡単には落とせそうになさそうだから、
ここはあきらめて別の女性を好きになった方がいいかもしれませんね(^ω^;)
あと、セーラはエミリィ人形にロッティ達の事を笑顔で話していました。
この様子を見る限り、別にロッティの事を嫌っているわけではなくて、ただ単に
皆の輪の中に溶け込むのを苦手にしているだけのように思えます。
これは何かきっかけがあれば親しくなれる可能性はありそうですね。

s-strain_06-07.jpgs-strain_06-08.jpg

「ただ今よりこの場にて我ら空間機甲科によるパーティーを開催する!」
ロッティ達はわざわざセーラのいる工作室にやって来てパーティーを催します。
ただの空間機甲科のパーティーと言っていましたけど、本当のところは
セーラと親しくなるための歓迎パーティーをする事が狙いなのでしょう。
これならセーラはどこにも逃げられないので参加せざるを得ないかな。
空間機甲科の人達を見ていると1つにまとまっている感じがしますね。
これもロッティがリーダーシップを発揮してくれているお陰だと思います。
あと、メルチセデックが新型ストレインの起動祝賀会だと勘違いしていたので
面白かったです。開会の挨拶の話が長すぎるのが玉に瑕ですけど(^ω^;)

s-strain_06-09.jpgs-strain_06-10.jpg

パーティーが始まると、皆で楽しい時間を過ごしていました。
でもセーラはあまりこういう賑やかな雰囲気は好まない感じでしょうか。
それでも皆がパーティーを開いてくれた事に感謝はしていたと思います。
ホント、ロッティ達はセーラの事をここまで気遣ってあげて良い人達です。
さすがに孤高なセーラでもロッティ達と打ち解けそうな感じがしますわ。
それでラヴィニアはセーラと2人きりになって何をしようとしてるんだろう?w
セーラはラヴィニアに襲われないように注意しないといけない!(^ω^;)

s-strain_06-11.jpgs-strain_06-12.jpg

男性陣はこのパーティーの機会を活用して女の子と親しくなろうとしてました。
どちらもガードが硬い女の子なので、そう簡単に付き合えそうにはなさそうだ(笑)
でもいつ戦死するか分からないので、こういう時くらいは羽を伸ばすのも良いかな。
あと、カリスフォドがセーラをダンスに誘って踊っていました。
そういえばセーラは初回の時に同期の訓練生のセディともダンスをしていたので、
ここで戦死した彼の事を思い起こされてショックを受けていた感じがします。
もしカリスフォドがセーラと付き合いたいのならダンスは避けた方がいいかも。

s-strain_06-13.jpgs-strain_06-14.jpg

突然、艦内に警報が鳴り響いたので、セーラ達はストレインで出撃します。
しかしどこにも敵らしき姿を見つけることが出来なかったので焦っていました。
セーラはロッティの指示通りのフォーメーションを組む気はなさそうでしたし、
パーティーで仲良くなる作戦は無駄だったのように思えてしまいましたわ(^ω^;)

s-strain_06-15.jpgs-strain_06-16.jpg

ラヴィニアが艦内に潜んでいた敵トゥモールの襲撃を受けてピンチでした。
セーラがニュータイプみたいに彼女の危機に気づいていたのは凄いかも!
セーラ自身の能力なのか、エミリィ人形の力なのかは分かりませんけど、
彼女の新型ストレインなしで敵を倒せそうにないのは確かでしょうね。

s-strain_06-17.jpgs-strain_06-18.jpg

セーラとロッティがコンタクトを取ることなく敵を共同で撃墜していました。
何だかんだ言っていても2人はちゃんと意思疎通が出来ているということなのかも。
ちなみに、これがセーラの言っていた「ぎゅいーん!バリバリ!戦法」らしいw
彼女のあんな説明でこの戦法だと理解できる方がおかしいw
でもまぁこれで新フォーメーションが上手く機能できそうなので、これからの
戦いに希望が持てそうな感じがします。

s-strain_06-19.jpgs-strain_06-20.jpg

最後に再び空間機甲科の皆でパーティーの続きをしていました。
第3回と書いてあったので、まさか出撃するごとにパーティーをするのかな?(笑)
とにかくセーラはロッティに引っ張られる形でようやく皆の輪の中に入りました。
これからは空間機甲科の訓練仲間として仲良くやっていってほしいですね。
本名のセーラとしてはまだエミリィ人形の前でしか自分を出せませんが、
今回は偽名のセーラとしての安らぎの場所が出来て良かったと思います。
関連記事
奏光のストレイン | トラックバック(0)