07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

びんちょうタン 第07話 「ラムネとりんごあめびん」

2015年01月10日
binchotan_07-01.jpgbinchotan_07-02.jpg
(C)江草天仁・Alchemist/「びんちょうタン」製作委員会

びんちょうタン達が夏祭りを楽しむお話です。
binchotan_07-03.jpgbinchotan_07-04.jpg

今回もびんちょうタンが朝に目覚めるシーンから始まっています。
もう物語も半分になってきましたが、これが定番になっているのでしょう。
そしてちくタンは新発明のどこにでも行ける家を完成させて喜んでました。
これを街の近くまで引いて持っていけば通勤も楽になるというものです。
なかなか良い考えなのですけど、もう少し移動させやすいようにしなくてはね(笑)

binchotan_07-05.jpgbinchotan_07-06.jpg

今回はまた新しい女の子キャラが登場していました。彼女の名前はあろえです。
暑い日には家庭用のビニールプールでまったりと涼むのが趣味なのかな?
これは私もたまにやる事なのであまりツッコミができないんですけどねw
それにしても髪の毛でビニールを突き破っていたから凄い強度だ!?
あろえはお母さんに新しいプールを買ってほしいとおねだりするのですが、
さすがに何度も穴を開けて壊されてはお母さんだって買い渋るわけだ。
もう空気で膨らませなくてもいいプールを買えばいいのになぁ。

binchotan_07-07.jpgbinchotan_07-08.jpg

あろえは仕方なく街のプールに遊びに行くのですが、入場料のお金を
側溝に落としてしまって入ることが出来ませんでした。
帰る途中で暑さでフラフラになって倒れていたので危なかったですわ。
ちょうどちくタンが通りかかってくれたから良かったものの、もし誰も
通りかかっていなかったら熱中症で大変な事になってたんじゃない?
とにかく、あろえが暑さに相当弱いという事がよく分かりました(^ω^)

binchotan_07-09.jpgbinchotan_07-10.jpg

クヌギたんは夏祭りにびんちょうタンが来るのかどうかを気にしていました。
何とかびんちょうタンと仲良くなって友達になりたい気持ちがあるのでしょう。
もちろん彼女自身も夏祭りに行って外の世界に触れたい気持ちもあるはず。
彼女は自由に行動できないから外の世界に行く妄想を浮かべちゃうのかもね。

binchotan_07-11.jpgbinchotan_07-12.jpg

れんタンはまた強いくじ運を発揮して、良い場所に占いの露店を出していました。
いったい木魚占いって何なんだろうねぇ!?(^ω^;)
てか、木魚を持ち出したら住職のお祖父ちゃんがまた困ると思う(笑)
あと、れんタンが太鼓を叩いているちくタンを興味深く見つめていましたね。
彼女はいつも無表情で何を考えているのか分からないので、表情豊かな
ちくタンとは対称的だなぁって思います。

binchotan_07-13.jpgbinchotan_07-14.jpg

びんちょうタンはお仕事をした後にちくタンと夏祭りで遊ぶ約束をしていました。
彼女はまだ子供みたいなものだからすぐにでも夏祭りに行きたいはず。
それでもお仕事を優先させていたので働き者だなぁって感心しますよ。
とりあえず他のキャラ達は一足先に夏祭りを満喫していました。
この時に流れるEDの盆踊りはまさにこのシーンに合ったものと言えますね。

binchotan_07-15.jpgbinchotan_07-16.jpg

ちくタンがびんちょうタンが来るまでずっと待っていてあげていたのが良かった。
妹のちくリンが眠そうにしていたので、先に帰ってしまってもおかしくないのですが、
それでもびんちょうタンと遊ぶ約束を守ろうとしていたから素晴らしいと思います。
リンゴ飴も買ってあげていたし、本当に友達思いの良い女の子だよ。
きっと、びんちょうタンも嬉しかったでしょうね。

binchotan_07-17.jpgbinchotan_07-18.jpg

最後はれんタンが持って来たラムネを皆で飲みながら一緒に花火を見ていました。
なぜかここでもれんタンが木魚を叩いていたから謎だw
でも、そのお蔭でちくタンに幽霊が憑依していたのでホント何と言っていいのやらw
徐々にびんちょうタンの周りには友達がいっぱい集まってきた感じがしますね。
あとはクヌギたんだけが皆の輪の中に入れていない状態なのですけど、彼女が
びんちょうタンの事を気にかけている事を見ると時間の問題といったところです。
クヌギたんも皆と一緒に楽しく遊べるようになれるといいですね~。
関連記事
びんちょうタン | トラックバック(0)