07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ARIA The ANIMATION 第09話 「その 星のような妖精は・・・」

2015年11月15日
aria_09-01aria_09-02
(C)2005天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

灯里達が伝説のウンディーネに会いに行くお話です。
aria_09-03aria_09-04

灯里達は季節が秋に移り変わっても普段通りに合同練習に励んでいました。
衣替えで制服が冬服バージョンに変化しているのがちょっと新鮮に感じます。
普通なら心機一転してさらに練習に身に入っても良いところなのですけど、
なぜか藍華だけがモチベーションが下がり気味でありました。
「私達、これで良いのかなぁ?」
藍華はこのままの調子で1人前のプリマになれるのか不安を感じているみたい。
まぁ練習といってもゴンドラを漕ぐだけだからマンネリを感じるのも無理はない。
藍華にしては真面目な気持ちになっていると思います。
むしろのほほんとしている灯里がもっと危機感を持たないといけないかもね(^ω^)

aria_09-05aria_09-06

藍華はアリシアから伝説の大妖精直伝の技術を教えてもらおうとお願いします。
アリシアさんみたいなウンディーネを目指しているだけじゃなく、さらにその上を
目指そうとする藍華の向上心はとても素晴らしいなぁって思いました!
でもヤル気のなさを自分だけじゃなく灯里やアリスも含めちゃうなんて可哀相だw
灯里とアリスが冷たい視線を藍華に投げかけていたのが面白かったかな(^ω^)

伝説の大妖精というのはARIAカンパニーの創業者でもあるグランドマザーです。
全てのウンディーネが敬っているくらいとても有名で凄い人でした。
つまりアリシアさんの先輩で灯里からすれば大先輩といったところでしょうか。
そして灯里達がアリシアさんからの提案でグランマに会いに行く事になります。

aria_09-07aria_09-08

「ようこそ♪ウンディーネの娘さん達♪アリシアから話は聞いていますよ。」
グランマは気さくに接してくれる優しそうなお婆ちゃんでした。
彼女の雰囲気を見るとアリシアさんの先輩だというのも納得です。
あと藍華が敬語を使って敬っていたのがちょっと面白かったです。
晃さんにもその言葉遣いで喋ってあげたらいいのにねぇ(^ω^;)
「どんな過酷な修行をもこなしますのでビシバシしごいてやってください!」
こんなセリフなんかも晃先輩には絶対に言わないし・・・・・・(苦笑)
とにかく藍華はグランマに鍛えてもらおうと思ってましたわ。

aria_09-09aria_09-10

グランマから栗拾いをしてくるように言われて藍華は張りきって栗を拾ってました。
沢山落ちている栗の中から良い栗を拾う事は、街の中でお客さんを見つけ出すための
認識判断力を養うためだと勝手な思い込みをしてたのが面白い発想だった(笑)
何だか藍華だけがとても気合が入ってまいしたわ。こりゃ灯里とは正反対だよ。
でも栗を拾った数は灯里とアリアは大量で、藍華は選別してたので少なかったです。

aria_09-11aria_09-12

次は畑でお芋掘りです。
藍華はおイモを傷つけずに掘る事は、お客様の荷物を大切に運ぶ
修行になっているものだと考えていました。
彼女の考え方は一理ありそうな気もするので褒めたくなってきたよ(笑)
当然、灯里とアリスは純粋にイモ掘りを楽しんでいるだけでした。

aria_09-13aria_09-14

おイモを焼いて美味しく食べていましたけど、藍華だけは憂鬱な表情でした。
これがちゃんとした修行になっているのかどうか心配しちゃっていたんだけど、
灯里の恥ずかしいセリフまでスルーしちゃっていたから相当悩んでますわ(苦笑)
もうここまできたら素直に楽しんじゃえばいいのになぁ~(^ω^)

aria_09-15aria_09-16

グランマのお手製の夕食を食べたり、お風呂に入ったりとすっかり旅気分な灯里達。
いつも灯里達はベッドで寝ているので和室の布団で寝るのは新鮮に感じていたかな。
「でっかい宇宙です。」
夜は田舎の綺麗な夜空を見て感激していました。
ホントまったり休日を楽しんでますね(^ω^)

aria_09-17aria_09-18

「あなた達、ゴンドラを漕ぐのは楽しい?」
「はい。」
「それなら私が教えることは何にもないわ。」
そしてグランマからは何事でも楽しもうとする心が必要だと教えられていました。
その気持ちさえ持ち続けていたら一流のウンディーネになれるという事みたい。
あのアリシアさんを見ていると何となく納得できるくらい説得力があります。
あと、この何でも楽しむ心は灯里にも当てはまる事だなぁって思います(^ω^)
そうなると灯里も近い将来グランマやアリシアさんみたいに一流クラスの
ウンディーネになれる可能性があるかもしれませんね。

aria_09-19aria_09-20

「やっぱり凄い人だね。グランマって・・・」
「うん。」
「私もいつかあぁいう素敵な女性になりたいであります。」
灯里達がグランマと出会えた事で大切な心構えみたいなものを得られて良かった。
今後の練習において苦しい事などがあったとしても、大いに楽しもうとする心さえ
あれば乗り越えられそうな感じがします。

『目指すはアクアで一番。元気で素敵なウンディーネの一番の星であります。』
とにかくこれからもゴンドラに乗る事を楽しんでほしいなぁって思います。
それがきっと一流ウンディーネになるための近道になるはずでしょうし。
まぁ灯里の心構えを聞いていると3人は大丈夫な気もしますけどね(*´ω`*)
今回は灯里達にとってとても貴重な出会いを果たした事になりましたね。
関連記事
ARIA The ANIMATION | トラックバック(0)